下半身ダイエットブログ【論より証拠】のまっちゃんBLOG

食べたい時は食べる。その代わり習慣にはしないことの重要さを教えて頂き本当に感謝です!

今ではコーヒーもブラックになり、朝も食べる習慣がなくなり、ランチも主食なくてお腹一杯です。

■ナカメサロンにかける思い

50になる前に好きな服が着れるようになりたい。

ということで友人の紹介でお越しになったIさんんの卒業メール。

45歳、168センチ。

初回の体重は57.6キロ、体脂肪率26.7%、脚の皮下脂肪率31.6%でした。

10回で卒業。体重53.4キロ、体脂肪率23.4%、脚の皮下脂肪率28.4%になっています。

いよいよ卒業です。
今朝は52.6キロでした。
ありがとうございました!

今では洋服を着るのが凄く楽しいし今まで気なかった様な服も買って楽しんでます。

ここ2、3年少しづつ体重が増えて来ていて怖くて体重計に乗れていませんでした。

何気なくコーヒーに入れてたミルクや夜中の間食など毎日の積み重ねの蓄積でした。

今ではコーヒーもブラックになり、朝も食べる習慣がなくなり、ランチも主食なくてお腹一杯です。

飲み会で沢山食べてしまっても体重計に乗ることで翌日無意識で気をつける様になりました。

食べたい時は食べる。その代わり習慣にはしないことの重要さを教えて頂き本当に感謝です!

今後もリバウンドしない様に毎日体重計に乗る様にします。

本当にありがとうございました。
これからもサポート宜しくお願いします!

iPhoneから送信

ナカメ式下半身ダイエットに我慢と努力と頑張りは必要ありません。痩せるためのナカメルールがありますが、それとて我慢して努力して頑張って守る必要はありません。

ダイエットのコツはカラダを使って学んでいけばいいのです。

ただ、

食べたい時は食べる。その代わり習慣にはしないことの重要さを教えて頂き本当に感謝です!

ということがカラダで分かればいいのです。

こんなことはコトバにすれば簡単。当たり前に思えることです。

しかし、コトバにすればたったこれだけのことでも、カラダを使ってやることでしかつめない意味ないのです。

何気なくコーヒーに入れてたミルクや夜中の間食など毎日の積み重ねの蓄積でした。

ということも、

今ではコーヒーもブラックになり、朝も食べる習慣がなくなり、ランチも主食なくてお腹一杯です。

ということも、カラダで体感してカラダで体得したから習慣化できたのです。

カラダで学べば、

飲み会で沢山食べてしまっても体重計に乗ることで翌日無意識で気をつける様になりました。

というようなことも自然にできるようになります。

そうしたことをカラダで学んでいった結果、

今では洋服を着るのが凄く楽しいし今まで気なかった様な服も買って楽しんでます。

という結果も得られました。

こうしたら痩せるよというダイエットは世の中にたくさんあります。次から次へと新しいダイエット法が生まれます。しかし、カラダで学ぶことを抜きにしてはどんなダイエットも成り立ちません。

下半身ダイエットお申込み


卒業してからのお買い物での試着の時には、以前より2サイズ下のタイトなワンピースがぴったりだったのは紛れもない事実です。

■ナカメサロンに決めた一番の理由

減量よりも下半身痩せをしたいから。

■ナカメサロンにかける思い

ダイエットらしいダイエットはしたことがありません。痩せているわけではないですが、特にダイエットしなきゃいけないと思う程に太っていたことはないからです。

ただ洋服のサイズは、上が5号や7号でも、下はワンサイズ上の9号あたりがちょうどいいという、アンバランスな下半身の太さが常にコンプレックスです。スキニーパンツをはいても自信を持ってヒップラインを出せるくらいが理想です。

ということでお越しになったYさんの卒業メール。

46歳、150センチ。

初回の体重は49.9キロ、体脂肪率31.9%、脚の皮下脂肪率36.6%でした。

9回で卒業。体重46.9キロ、体脂肪率27.8%、脚の皮下脂肪率32.2%になっている。

岡本様

こんにちは。
遅くなりましたが、卒業メールです。

ナカメに通ったきっかけは、友人の体験談です。
友人本人のナカメ体験及びその効果もさる事ながら、「モデルやバレリーナかなという細い人も通って来てる。体重を減らすというより部分痩せが目的みたい」という話が何よりも私の興味を引きました。

ナゼなら、体重を減らしたいとはあんまり思わないけれど下半身の太さは切実になんとかしたいと常に私が思っていたからでした。

今まで一度も極端に太っていた事がなく、周囲の人は元より、口さがない家族にさえダイエットの必要性を指摘された事も一度もありません。

しかも、特徴的な程に肩先が薄くて一見すると華奢な印象を与えがちで、上半身の身体のラインが分かるような服を着ると「細い」「薄い」と言われるくらい。

でも、実際のところは、人が羨むようなウエストのくびれは、その下にあるお尻からの下半身がデカいからに他ならず、その証拠に、洋服はトップスよりもボトムスの方がワンサイズ上でちょうど良い感じでした。

このサイズ感のアンバランスが嫌で、身長に見合わない大きいお尻も太すぎる太腿もずっと密かなコンプレックスとして抱えていました。

だからと言って体重を減らしても全体的にサイズダウンしてしまって、アンバランス体型の解消には決してならず、ダイエットにはさして興味を持たないでいたところに、下半身痩せを掲げるナカメ式を教えてもらったのだからやってみるしかないと思ったのです。

ナカメを始めてみた当初は、余り実感できる効果もなく、続けるのに疑問が大きかったというのが正直なところです。

ナカメを教えてくれた友人たちは、開始早々に体重や体脂肪が大きく減り傍目にも分かる効果が出ていたのに、私の場合は微減微増の繰り返しみたいな感じ。

でも、朝食抜きや主食を摂らない食事や肉を通常より多く摂取することなどのナカメルールが元々の生活と余り変わらないせいもあるかもしれない、でも、サラダや肉の食べ方を工夫してみたら、と色々なアドバイスを頂きながら、自分なりのナカメ生活を実践して行くうちに、ゆっくりと、でも、しっかりとした効果が現れてきました。

後半に入り卒業まであと何回と思う頃には、自分で考えていた目標だった『ピタピタのスキニーパンツを太腿を隠さずにはいても大丈夫な感じ』にする事が出来て、実際にその格好で出かけてみる事に。

そして、いつもよく行くショップでお買い物をしていると、慣れた店員さんが鏡に映った私の後姿を見て「スタイル抜群ですね〜後姿見てたらバランス最高でビックリ」と言ってくれました。

長い付き合いの気のおけない友人のような彼女は「今更気づいた」と不思議そうに笑いましたけど、私が「今更」バランス良くなったというのが正解です。

褒めすぎもありますが、それからも何度か「スタイルいいですね」と言われているので、ある程度はナカメ効果でスタイルアップ出来たのだと信じていいのだと嬉しく思っています。

何より、卒業してからのお買い物での試着の時には、以前より2サイズ下のタイトなワンピースがぴったりだったのは紛れもない事実です。

岡本さんとコントのように笑えるトークをしながら施術を受けて、日々の食事に試行錯誤していた2ヶ月余りのナカメ生活。終わってみればあっという間でした。

そう思えるのも、行く度に楽しいアドバイスを下さった岡本さんのおかげだと思います。

メンテナンスまでのこれからの1ヶ月。どのように過ごしたら良いのか⁈また楽しく有意義な岡本さんアドバイスを頂きたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

実際のところは、人が羨むようなウエストのくびれは、その下にあるお尻からの下半身がデカいからに他ならず、その証拠に、洋服はトップスよりもボトムスの方がワンサイズ上でちょうど良い感じでした。

このサイズ感のアンバランスが嫌で、身長に見合わない大きいお尻も太すぎる太腿もずっと密かなコンプレックスとして抱えていました。

という方にこそ、ナカメ式下半身ダイエットは向いています。

ナカメ式のストレッチポールとEMSを使った方式で、特許申請をしているのは、弁理士の先生をして、医学的には下半身ダイエットは不可能と言われている中で、下半身ダイエットできる方式はないからです。

身体が介在することは特許になりにくいので、認められるかどうかは判りませんが、論より証拠とブログで綴っているように数多くの証拠はあります。だから自信と確信を持って、ナカメは下半身ダイエット専門を掲げているのです。

褒めすぎもありますが、それからも何度か「スタイルいいですね」と言われているので、ある程度はナカメ効果でスタイルアップ出来たのだと信じていいのだと嬉しく思っています。

何より、卒業してからのお買い物での試着の時には、以前より2サイズ下のタイトなワンピースがぴったりだったのは紛れもない事実です。

という結果と事実がナカメ式下半身ダイエットを物語っています。

下半身ダイエットお申込み


わたしは、下半身デブです。日本人の体型ですから無理だと、家族から無理...と言われています。

「今日...久々にKさんにお会いして、ビックリ!痩せてらして...私も痩せたいです」ということで来店されたHさん。

■ナカメサロンに決めた一番の理由

私は、顔が小さいからやせていると...よく言われますが...下半身でぶのため、4キロもある子供をはじめての出産で産みました。

わたしは、下半身デブです。日本人の体型ですから無理だと、家族から無理...と言われています。家族から、お母さんは、無理と言われています。でも是非痩せたいです。

■ナカメサロンにかける思い

今日...久々にKさんにお会いして、ビックリ!痩せてらして...私も痩せたいです。

ということでお越しになったHさんの卒業メール。

57歳、163センチ。

初回の体重は62.4キロ、体脂肪率30.9%、脚の皮下脂肪率34.6%でした。

9回で卒業。メンテナンス1回。体重54.1キロ、体脂肪率24.6%、脚の皮下脂肪率28.1%になっています。

岡本さま

大変お世話になりました。
お陰様で、目標体重まで減量する事が出来ました。

その後、旅行、飲み会などありましたが、またまたナカメ食事メニューに戻すと...体重も今は、戻っています。

12月1日まで、朝55㌔でしたが、昨夜から54.7㌔。今朝は、54.2㌔。怖いくらいです。だいたい、食べ過ぎだったので...53㌔くらいになってしまうかも...(笑)

岡本さん、食事会楽しみにしています!

中目黒下半身ダイエットを体験して...

私は20代の頃は何を食べても...食べ過ぎても
体重が増えることはほとんどありませんでした。痩せの大食い...と言われていました。運動もしていたので、太りにくかったのかも知れません。

ところが、結婚...出産と家族が出来ました。一人産み...二人産み3人出産。増えたのは、子供と私の体重でした。

それでも、有酸素運動、国立式グレープフルーツダイエット。とりあえずは痩せました。

しかし安産型の私は体重の変化があっても、ズボンのサイズが変わることはありませんでした。

お友達から...中目黒下半身ダイエット...の話しを聞いて...エッすごい!と思いました。

本当に、ズボンのSizeがかわるの?...と思いつつ...即答で、やる!直ぐにいく!...と返事をしました。

しかし私は今まで、ダイエットにお金をかけた事はありません。でも、もう自力でのダイエットはありえない...と。また、下半身のSizeが変わるかも...と考えて思い切ってスタートしました。

好きなコーヒーは、飲んでよし。お昼はサラダ。夜は、ワインにお肉。苦痛ではなく、あれよあれよ...と2ヶ月が過ぎて行きました。

もちろん、足踏み状態であ〜ぁなんてこともありました。

でも何とか目標体重になった時の嬉しさ!ズボンのSizeが変わったときの喜び。本当に嬉しかったです。

そして、ダブルで嬉しかったのは、踵の骨が飛び出ていて歩く事が辛かった事が、その踵の痛みも...あれよあれよと、足の指のバンドのおかげでしょうか、ほとんど痛みがありません!

踵の痛みが無くなった事は、本当に信じられませんでした。また、旅行へ行くことが出来ます。

主人も、食べていたのに痩せているの?と驚いています。

この歳で、昔のように痩せて...オシャレする事が出来るとは思いませんでした。

これからも、無理なく中目黒メニューで体型、体重に気をつけて、楽しい生活を過ごしたいと思っています。

Hさんは、

わたしは、下半身デブです。日本人の体型ですから無理だと、家族から無理...と言われています。家族から、お母さんは、無理と言われています。でも是非痩せたいです。

ということでしたが、ナカメ式下半身ダイエットによって、

主人も、食べていたのに痩せているの?と驚いています。

この歳で、昔のように痩せて...オシャレする事が出来るとは思いませんでした。

という結果を得ています。

下半身ダイエット専門整体のナカメサロンとしてあるのですから、この結果は当然のことです。

何とか目標体重になった時の嬉しさ!ズボンのSizeが変わったときの喜び。本当に嬉しかったです。

ということもさることながら、

ダブルで嬉しかったのは、踵の骨が飛び出ていて歩く事が辛かった事が、その踵の痛みも...あれよあれよと、足の指のバンドのおかげでしょうか、ほとんど痛みがありません!

踵の痛みが無くなった事は、本当に信じられませんでした。また、旅行へ行くことが出来ます。

という思わぬ結果も得ています。これは当然ナカメ式足指バンドの成せる業です。さらに効果アップしたそのナカメ式足指バンドのニューバージョンを2月より導入します。

下半身ダイエットお申込み


今年の2月から、さらなる下半身ダイエットのための新しい方式を導入です。乞うご期待!

「ナカメの不思議なダイエット方法を聴き興味津々」ということでお越しになったTさんの卒業メール。

■ナカメサロンに決めた一番の理由

Sさんに紹介を受けたので、行ってみたいなと思ったからです。

■過去にやったダイエットで一番イヤな想いをした体験

食事療法です。お酒が好きなので、キツかったです。

■ナカメサロンにかける思い

昔から下半身にコンプレックスがあります。

というTさんの卒業メール。

47歳、156センチ。

初回の体重は70.4キロ、体脂肪率35.0%、脚の皮下脂肪率41.7%でした。

11回で卒業。体重65.3キロ、体脂肪率32.5%、脚の皮下脂肪率38.3%になっています。

岡本さん

こんにちは。
ついに卒業!ということで、卒業メールを送らせていただきます。

卒業までの約2ヶ月半、本当にお世話になりました。ありがとうございました!

思い起こせば、まだまだ暑い夏にスタートし、いつしかコートを着る季節になっての卒業!

2ヶ月半というとダイエットに掛ける期間としては数字上では短期間と思われるかと思いますが、季節は移ろい、気付けば体重と体脂肪は着実に減り、ただただ顔がほころぶばかりです(*゚▽゚*)!

ある日、友人からダイエットを始めたとのカミングアウトを受けました。

その際、ナカメの不思議なダイエット方法を聴き興味津々、早速私も申し込んだわけですが、様々なダイエットを経験してきた私にとっては、沢山のお肉を食べて本当に痩せるのかな?と、正直、半信半疑でした。

そして、初めての施術の日を迎え、ドキドキしながらドアを開けた途端、目に飛び込んできたのは一面のピンクのカーテン!
えっ?!ここでよいの?!(笑)

ますます半信半疑のまま、ナカメ生活はスタートいたしました。

朝食抜きで空腹で迎えるランチは葉物多目のサラダ!案の定、最初の頃は毎日夕食まではグーグーお腹が空いていましたが、気付けばいつしか違和感もなくなり、と同時に周りから「少しやせた?」の声!

自分では自身のサイズの変化が分からなかったこともあり、思わずニンマリ( ̄▽ ̄)

すかさず岡本さんのお話を思い出し、タンスの肥やしになっていた昔のジーンズを引っ張り出して恐る恐る足を通すと、な、なんと!太ももまでしか上がらなかったあのジーンズがすんなり履けちゃいました♪

あれだけお肉を食べたのに、ホント驚きでした〜

岡本さんの計測時の緊張感と少しずつ現れた成果を実感できたときの喜びの中で送ったナカメ生活!

そこで得たものとしては、幸いなことに、私にダイエットを始めたとカミングアウトをしてくれた友人に"ナカメを紹介してくださった知人"を中心とした沢山の仲間ができたこと。

そしてその仲間とはSNSを通じ経過報告をしあうことができたためタイムリーに仲間の成果を把握することがでたばかりかその仲間と自身の成果を照らし合わせて自身の数値は良いのか悪いのかを確認しながらナカメ生活に取り組めたこと。

また仲間の存在があったからこそ定期的に襲ってくる様々な誘惑(甘いもの等)から気を逸らす事が容易にできたこと。

そして岡本さんの的確なアドバイスと施術のおかげで履けなかったジーンズが履けるようになるまで体脂肪を落とすことができた!こと。

そしてなんと!指輪のサイズが2号もサイズダウンした!こと、という結果を出せたことだと思っております!

更に、卒業となった今思うことは、ジーンズがすんなり履けた感動を糧に、これからもすんなりジーンズを履き続けられる理想の身体を追い求め、粛々とナカメ維持生活を送ることが大事!なんだなぁということです。

最後になりますが、ナカメ生活をご紹介してくださった皆様には感謝しきれないほどです。この場をお借りしてお礼申しあげます。本当にありがとうございました!

そして岡本さん、これからもメンテナンスではお世話になります。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

Tさんが、

岡本さんの的確なアドバイスと施術のおかげで履けなかったジーンズが履けるようになるまで体脂肪を落とすことができた!こと。

そしてなんと!指輪のサイズが2号もサイズダウンした!こと、という結果を出せたことだと思っております!

という結果を得たナカメ式下半身ダイエット。

ナカメは「論より証拠」です。論よりも証拠で語ります。

しかし、論をないがしろにしている訳ではありません。2200件以上の「論より証拠」ブログを綴ってこられたのは、みなさんの見えないところで「ダイエットの論」についても研究を重ねてきたからです。

新たな研究成果が出ましたので、今年の2月より、ナカメ式下半身ダイエットは、二つのポイントでまた進化します。

一つは、ナカメ式足指バンドの捻りバンドバージョンができたことです。特許の申請等が済みましたのでバージョンアップします。ナカメグループのメンバーの身体を使って研究と実験を重ねてきた成果です。今までの平バンドバージョンよりも効果があることを確認しています。

あと一つは、下半身のサイズダウンのためにナカメ式ストレッチポールと組み合わせて使ってきたEMSの器機を、より効果の高い器機にチェンジすることです。松山店でテストしてくれた結果、これも今まで以上の効果を確認しています。

今年の2月から、さらなる下半身ダイエットのための新しい方式を導入です。乞うご期待!

下半身ダイエットお申込み


我慢しなければ痩せないと思いこんでいました。

ブログでいつも書かれている「我慢しない」とはどういうことか、全く分かっていませんでした。

再開コースのIさんの卒業メール。

42歳、171センチ。

再開1回目。体重61.9キロ、体脂肪率26.2%、脚の皮下脂肪率32.2%でした。

再開11回目。体重57.7キロ、体脂肪率23.2%、脚の皮下脂肪率28.7%になっています。

10年くらい前からナカメでお世話になっています。

お蔭様で通っている間には減量できるのですが、ルールを外れた時などに暴食してしまってリバウンドする、というパターンにはまり再開を繰り返していました。

例えば、
① 我が家の週末の楽しみは美味しいパンを買ってきて卵料理やサラダのランチをすることなのですが、私だけパンを食べず、週明けにパンを暴食していました。

② 友人とのランチで主食を食べた時や、子供の行事などで主食を食べた後、山のようにお菓子を食べていました。

③ 来客でお菓子を出した時は、解散後に残っているお菓子を全て食べつくしていました。

④ 旅行の際は、ルールを極力守るように工夫し、朝食のビュッフェなどもフルーツだけにしたりするのに、帰宅後にパンやお菓子が止まらなくなっていました。

せっかく会食をしたり旅行に行ったりしても後でドツボにはまってしまうので、一人でルールを守って過ごすことのほうが居心地よいと思っていました。

今回の再開初日に須田さんにお会いした時、
「自分のペースが乱れると雪崩を起こしちゃうんですよね~」
と何気なく言ったのを重く受け止めていただき、今回のテーマにして頂きました。

須田さんは、
「週末ランチでパン食べてみたらどうですか?」
「ナカメ中にあえて旅行や会食を入れてみたら?」
「旅先で朝食を食べたいなら、昼・夜にお腹がすいているか体に聞いてみて、すいていたら食べたらいいんですよー」
と様々なアドバイスをくださいました。

今回は、これまではナカメ中に極力避けるようにしていた旅行やホテルビュッフェのランチ、週末のパン等々、色々試してみました。

なので、チェック表の1枚目の体重の落ちはほぼ横ばいでした。

便秘に悩まされていたのもあり、開始時と5週間目で1キロくらいしか落ちていなかったと思います。

あまりサイズも変わった感じはなかったけど、色々やって須田さんのアドバイスを頂いたことで、こうすれば平常時に戻せるな。。こう考えればいいのか。。という感じが掴めていきました。

チェック表2枚目に入ったとき、ややルールを守る量を増やし、3キロほど痩せました。

その間にも、友人宅でパスタディナー、友人とバーガーランチ、母とピザランチ、軽井沢旅行(朝食パンあり)、子供とパン教室2回参加、子供とお菓子作りなど我慢せず心から楽しみました。

この頃には1~3日で平常時に戻せるようになっていたと思います。

これまで、ブログでいつも書かれている「我慢しない」とはどういうことか、全く分かっていませんでした。

我慢しなければ痩せないと思いこんでいました。

我慢するから反動がある、我慢しなければその時は増えても次の日から淡々とに戻せて雪崩にはならないんだと今回初めて体感できました。

そして何より我慢しないと旅行も会食もとても楽しい!!ということを思い出せました。

須田さんが名メンタルトレーナーとして、並走して下さったおかげだと思います。

須田さんから頂いた言葉で目から鱗なものは沢山ありましたが、特に
「こうしなきゃっていうのが、心の中にたくさんあるんじゃないですか?」
という言葉はとても響きました。

私の中の「こうしなきゃ(こうあるべき)」を書き出してみました。ものすごい数でした。。。

これ全部やらなきゃいけないわけじゃないんだ。。と思ったらとても楽になりました。

「本棚の大きさを増やしたらダメなんですよ。新しい本を買ったらいらない本を捨てるんです」
ともおっしゃっていました。

何でも全部やらなくていいんだと思ったら、すごく重荷を下ろせた気がしました。

今回のダイエットで、私の中では以下のような変化がありました。
・友人や子供の友達を家に招くのを楽しめるようになりました。
・週末の家族ランチが楽しみになりました。
・こんなに旅行を楽しめたのも初めてだと思います!
・子供と一緒のお菓子作り・パン作りを罪悪感なくできました。
・もっともっと家族や友人を大切にしていこうと思いました。

須田さんがおっしゃっていた「ナカメダイエットは、人生を変える」。私も本当にそう思います。

これからは「一人でルールを守ることを大切にする人生」ではなく、「心から楽しんで人と関わる人生」になりそうです。

最後にお伺いしてから早数か月。その間に歯列矯正も始まってタンパク質を食べづらい中での維持、かなり難航中です。。^^;

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

前任者から須田に担当が変わってから、Iさんの認識が変わったようです。

須田さんから頂いた言葉で目から鱗なものは沢山ありましたが、特に
「こうしなきゃっていうのが、心の中にたくさんあるんじゃないですか?」
という言葉はとても響きました。

とあります。

「こうするべき」や「こうしなければならない」がたくさんあると、関西弁でいうと「しんどい」だろうと思います。そんなことに縛られていたら、どんなことをやっても辛いでしょう。そのメンタルがダイエットの邪魔をします。

ナカメ式下半身ダイエットには、自分の行動を後で振り返ってチェックするためのナカメルールがあります。行動を縛る「べき論」や「ねばならない論」ではありません。間違いやすいのですが、〜しようとする「しよう論」でもありません。

それらは、いずれもアタマにある意識でカラダの無意識をコントロールしようとする考え方です。でも、そんなことはできません。

ナカメでは「べき論」も「ねばならない論」も「しよう論」も忌み嫌います。いずれも御法度です。それでは「我慢」「努力」「頑張り」につながるダイエットになってしまうからです。世間で思われているような「我慢」「努力」「頑張り」では、実はダイエットは成功しません。ナカメでの数多くの経験が教えてくれたことです。

これまで、ブログでいつも書かれている「我慢しない」とはどういうことか、全く分かっていませんでした。

我慢しなければ痩せないと思いこんでいました。

というIさんのメンタルがナカメ式ダイエットの邪魔をしていました。その思い込みがダイエットの障害だったのです。

「我慢しない」をコトバだけで受け取って分かったきになるのは簡単です。しかし、「我慢しない」ことは体感しないと分からないことです。

ナカメは、試してみての体感重視です。「試してみて、感じてみて、比べてみて」がモットーです。

我慢するから反動がある、我慢しなければその時は増えても次の日から淡々とに戻せて雪崩にはならないんだと今回初めて体感できました。

そして何より我慢しないと旅行も会食もとても楽しい!!ということを思い出せました。

という、こんなことですら、体験して体感しないと真には分からないのです。

須田さんが名メンタルトレーナーとして、並走して下さったおかげだと思います。

とあるように、ナカメスタッフの仕事は、我慢しなければ痩せないと思いこんでいるお客さまのメンタルブロックを外すことが仕事。実際に体験し体感してもらうことによって外すことが一番大事な仕事です。

メンタルブロックが外れれば、結果、

須田さんがおっしゃっていた「ナカメダイエットは、人生を変える」。私も本当にそう思います。

これからは「一人でルールを守ることを大切にする人生」ではなく、「心から楽しんで人と関わる人生」になりそうです。

となるのも頷けます。

下半身ダイエットお申込み


「いっぱい食べて仮に体重がもどっても、ナカメに戻せば大丈夫!」この言葉があるので

■ナカメサロンに決めた一番の理由

紹介者が実際に効果のあった方よりご紹介を受けている事から信用性がある。

■過去にやったダイエットで一番イヤな想いをした体験

高額な支払いをしたのに効果が現れなかった。

■ナカメサロンにかける思い

下半身というより全身です。また年齢的にも代謝も悪くなってきていることや健康面でも必要だと思った為。

ということでお越しになったSさんの卒業メール。

51歳、158センチ。

初回の体重は68.4キロ、体脂肪率33.6%、脚の皮下脂肪率39.0%でした。

12回で卒業。メンテナンス1回。体重61.4キロ、体脂肪率30.5%、脚の皮下脂肪率35.0%になっています。

岡本さん

こんばんは

卒業以来、朝、昼はそのまま続け、夜はがっつり肉をやめ、たまにナカメ前の食事を少し取り入れたりしていますが、体重は微妙な増減といった感じです。

ナカメを始めた時、きっとまた無理だろう!といくらお肉が食べられてもご飯がたべられないのは、、、って感じでしたが、食べずに過ごせたのが不思議です。

そしてお肉を沢山食べているのに何故痩せるの?

仮に今までみたいに食べてもまたナカメに戻せば大丈夫!という岡本さんの言葉、「Sさん、薄くなったよ」と言ってもらえる事に励まされながら頑張れました。

一緒にナカメをやっている仲間達との励ましあいも大きかったです。

先日、新しいコートと洋服を買いました。確かに今までとは違った物を着たくなりました。

ただナカメ仲間と一緒に写した写真でまだまだ私の身体は大きかったです(汗)

この年末、年始を切り抜け維持していきたいと思います。

最後に岡本さんが言ってくれた「いっぱい食べて仮に体重がもどっても、ナカメに戻せば大丈夫!」この言葉があるので。

また来月お世話なります。
来年再開しますが、まずは一旦卒業で!

岡本さん、ありがとうございました。

Sさんは、ナカメに10人以上ご紹介いただいているKさんの紹介ですから、

一緒にナカメをやっている仲間達との励ましあいも大きかったです。

ということができました。

何人かのナカメ仲間がいたのは幸運なことでした。

ただナカメ仲間と一緒に写した写真でまだまだ私の身体は大きかったです(汗)

ということがあったにせよ、ナカメ仲間がいるだけでナカメ式ダイエットの成功率が上がります。

実際に、体重は7キロ減、体脂肪率3.1%減に対して脚の皮下脂肪率は4%減ですから、うまく痩せたと言えます。

成功すれば、

先日、新しいコートと洋服を買いました。確かに今までとは違った物を着たくなりました。

と、洋服選びも楽しめます。

これから年末年始で、ダイエットには難しい季節になりますが、

この年末、年始を切り抜け維持していきたいと思います。

最後に岡本さんが言ってくれた「いっぱい食べて仮に体重がもどっても、ナカメに戻せば大丈夫!」この言葉があるので。

ということもできるでしょう。

下半身ダイエットお申込み


同じことを繰り返すから同じ結果になるのです。同じことを繰り返して、違う結果が得られる道理はありません。同じことを繰り返してしまう理由に、フィードバックすることによって気づけば同じことは繰り返しません。

■ナカメサロンに決めた一番の理由

紹介して下さったH社長は本当に良いものしか良いとおっしゃらないため、とても興味があり、そこがナカメサロンに決めた理由です。

H社長からのご紹介で須田さんにお願いいたします。

■ナカメサロンにかける思い

中学生の頃から29歳まで激しいスポーツをしていてその競技による身体の歪みや、自分の身体の使い方の癖によって思うような身体になりませんでした。

ヨガやピラティスなどで少し改善された部分もあるのですが、今の身体を変えたいです。

高校生あたりから、腕と脚が太いと言われずっと悩んでおりました。どうしても痩せたいです!よろしくお願いします!

ということでお越しになったIさんの卒業メール。

31歳、159センチ。

初回の体重は49.3キロ、体脂肪率22.5%、脚の皮下脂肪率29.4%でした。

8回で卒業。メンテナンス1回。体重49.5キロ、体脂肪率20.5%、脚の皮下脂肪率27.7%になっています。

須田様

大変ご無沙汰しております!ダイエットの時はお世話になり本当にありがとうございました!ご連絡遅くなりすみません〜!

今終わってから1ヶ月が経ちますが...体重は少し増えちゃいました。

しかし、周りの方からは、また痩せた?って聞かれます。。不思議

今回ナカメダイエットをやらせていただき気づいた事、感じたことは、2つあります。

1つは、食べなくてもしっかりと活動できる。むしろ調子がいいという事。

小さい頃からしっかり三食食べなさいという教育を家庭でも、学校でも受けていたので一食抜いたら倒れてしまうんじゃないかってくらいの考えでいました。

ナカメルールを実践してみて朝食べなくても元気に活動でき、身体も軽いので考え方が変わりました。

2つ目は、チェック表を付けていて自分の太る理由が見えてくる事。

私の理由は、デザートを食べる、飲み会が多く、寝る時間が遅い。

ここは今でもなかなか止められず...課題となっております。しかし、課題が見えたことがすごい発見でした!

またメンテナンスで伺いたいと思いますのでよろしくお願い致します!

ありがとうございました。

今終わってから1ヶ月が経ちますが...体重は少し増えちゃいました。

ということですが、体重と体脂肪率とサイズに関しては、同じように落ちるのではありません。同じように増えるのでもありません。

Iさんの場合も、体重は元に戻ったような数字ですが、体脂肪率はそこまで戻っていません。

実際のところ、体重が変わらなくても体脂肪率が変わったり、体重や体脂肪率が変わらなくてもサイズが変わったりします。

見た目に関してはなおさらですから、

しかし、周りの方からは、また痩せた?って聞かれます。。不思議

となって当然です。

今回ナカメダイエットをやらせていただき気づいた事、感じたことは、2つあります。

とありますが、ナカメは何よりもお客さまの気づきを大事にしています。

ナカメの仕組みはお客さまに気づいてもらうためにあると言っても過言ではありません。他のダイエットのように、お客さまに教え指導するダイエットではないのです。

教える側が、教え込んで学ばせようとしても、学ぶ側が、学びの必要性に気づかない限り、何も入りません。それは、蓋のあるコップに水を注ぐようなものです。注いでも溢れるだけです。

1つは、食べなくてもしっかりと活動できる。むしろ調子がいいという事。

小さい頃からしっかり三食食べなさいという教育を家庭でも、学校でも受けていたので一食抜いたら倒れてしまうんじゃないかってくらいの考えでいました。

ナカメルールを実践してみて朝食べなくても元気に活動でき、身体も軽いので考え方が変わりました。

となったのは、以前と違うことを実際に試してみて体感できたからです。体感すれば気づきます。

2つ目は、チェック表を付けていて自分の太る理由が見えてくる事。

私の理由は、デザートを食べる、飲み会が多く、寝る時間が遅い。

ここは今でもなかなか止められず...課題となっております。しかし、課題が見えたことがすごい発見でした!

となるのは、自分のやったことや成したことを振り返るからです。

ナカメには、ナカメ式ダイエットチェック表という仕組みでフィードバックシステムを組んでいます。

気づける仕組みがあって、気づきさえすれば、同じ間違いを繰り返さなくなります。だから、ナカメは、教えることよりも、自らのフィードバックを大事にしているのです。

同じことを繰り返すから同じ結果になるのです。同じことを繰り返して、違う結果が得られる道理はありません。同じことを繰り返してしまう理由に、フィードバックすることによって気づけば同じことは繰り返しません。

下半身ダイエットお申込み


ウォーキングしたり、ジムに通っても大した成果が出ず、酵素ダイエットは食べ物を酵素に置き換えるので、食事をかなり減らす印象でした。20代の体重に戻したい私にはかなり遠い道のりに感じました。

■ナカメサロンに決めた一番の理由

脚やせと骨盤を矯正をしたいのと、お腹を凹ませたい

ということでお越しになったHさんの卒業メール。この方も、何人もご紹介いただいているKさんの紹介でした。

53歳、161センチ。

初回の体重は55.0キロ、体脂肪率32.8%、脚の皮下脂肪率36.6%でした。

11回で卒業。体重49.9キロ、体脂肪率28.4%、脚の皮下脂肪率31.5%になっています。

岡本さんへ

卒業の感想を送ります。

スタートからおよそ2ヶ月半、振り返るとあっという間に終わった印象です。

この数年、何をしても1キロが減らず、人間ドックを受けるとBとかCの項目が増え、お医者様からは痩せてくださいと言われていました。

20代のベスト体重から8キロ以上増えていました。

ウォーキングしたり、ジムに通っても大した成果が出ず、私の主宰する教室に通う生徒さんが酵素ダイエットで痩せたのでそれを取り入れ始めて1ヶ月経った頃、ナカメを友人から紹介されました。

酵素ダイエットは食べ物を酵素に置き換えるので、食事をかなり減らす印象でした。20代の体重に戻したい私にはかなり遠い道のりに感じました。

最初ナカメの食事の方法には、驚きました。

昼はサラダ、夜はお肉。しかも量を制限する事もなく、むしろお肉に至っては今まで私が食べていたお肉の量の3倍位です。

そんなに食べていいのか?という一般的なダイエットの手法とは逆行した食事方法は素朴に疑問でした。

最初は自分もこの食事方法が疑心暗鬼でしたが、続けて行くと成果が出て来たので、これで大丈夫という思いに変化していきました。

途中、便秘に陥りましたが、その理由と改善法を岡本さんから教えていただけたので、自分なりに調整しながら進めていきました。

毎日朝夕の体重と生活習慣をメモする事で、どうするとどうなるかが、わかっていきました。

生活習慣を自分自身で確認しながら生活すると、今までちょっとした間におやつを食べたり、糖質、炭水化物が食事に多かった事に気付きました。

また、睡眠がとても大切で、よく寝た次の日は体重が減っていく事も大きな気付きです。

そして、お肉は太るイメージでしたが、あまり体重に変化が見られない時は、焼肉を食べに行くと次の日は必ず大きく体重が減っていました。

これも、今まで知らなかった事実でした。

ナカメを卒業して一週間、体重は今も減っています。

自分をコントロールしながら、維持していきたいと思います。

年齢的に無理だと思い始めていた私でしたが、この成果は感動です。

励ましながら見守りながら、支えてくださった岡本さんに、本当に感謝です。
ありがとうございました。

ウォーキングしたり、ジムに通っても大した成果が出ず、私の主宰する教室に通う生徒さんが酵素ダイエットで痩せたのでそれを取り入れ始めて1ヶ月経った頃、ナカメを友人から紹介されました。

酵素ダイエットは食べ物を酵素に置き換えるので、食事をかなり減らす印象でした。20代の体重に戻したい私にはかなり遠い道のりに感じました。

というダイエットをしていれば、

最初ナカメの食事の方法には、驚きました。

昼はサラダ、夜はお肉。しかも量を制限する事もなく、むしろお肉に至っては今まで私が食べていたお肉の量の3倍位です。

そんなに食べていいのか?という一般的なダイエットの手法とは逆行した食事方法は素朴に疑問でした。

となったのも当然です。

しかしながら、試してみれば

最初は自分もこの食事方法が疑心暗鬼でしたが、続けて行くと成果が出て来たので、これで大丈夫という思いに変化していきました。

と、実際の成果が出るので、ナカメ式ダイエットに対する捉え方も変わります。

しかも、ナカメ式ダイエットチェック表で自分のやったことをフィードバックしながらダイエットしますので、

毎日朝夕の体重と生活習慣をメモする事で、どうするとどうなるかが、わかっていきました。

生活習慣を自分自身で確認しながら生活すると、今までちょっとした間におやつを食べたり、糖質、炭水化物が食事に多かった事に気付きました。

また、睡眠がとても大切で、よく寝た次の日は体重が減っていく事も大きな気付きです。

そして、お肉は太るイメージでしたが、あまり体重に変化が見られない時は、焼肉を食べに行くと次の日は必ず大きく体重が減っていました。

これも、今まで知らなかった事実でした。

ということに気づいていきます。

自分の行動は、他人の行動を見るようには見えません。思いの外、自分の行動は知らないし、分からないものです。自分の行動の落とし穴には気づきません。体験して体感してこそ気づきます。そして、気づいたことは意識で扱えます。

意識で扱えることはコントロール可能です。やった後から意識に上っても事前コントロールはできませんが、やるにしろやめるにしろ、その前に意識に上るようになれば事前コントロールできるようになります。

ナカメを卒業して一週間、体重は今も減っています。

自分をコントロールしながら、維持していきたいと思います。

とありますから、維持もうまくいくことでしょう。

下半身ダイエットお申込み


ナカメは、理屈で説得したり、論で語るようなことはしません。体験して体感することを大事にしています。体感は伝えられないのですから。

■ナカメサロンに決めた一番の理由

紹介者の話を聞いて、効果のほどを試してみたくなりました。

■過去にやったダイエットで一番イヤな想いをした体験

某エステサロンで、食事制限が甘くなる日があると話したら、「やる気あるんですか?」と言われたこと。

■ナカメサロンにかける思い

内蔵脂肪を減らし、肥満解消し病気のリスクを減らしたい。(人間ドックで肥満、脂質代謝の基準値超えを指摘されている)

ということでお越しになったAさんの卒業メール。

43歳、165センチ。

初回の体重は76.7キロ、体脂肪率34.8%、脚の皮下脂肪率41.8%でした。

10回で卒業。メンテナンス1回。体重70.3キロ、体脂肪率32.5%、脚の皮下脂肪率38.7%になっています。

ナカメを始めた頃の私の一番の懸案事項は、20年間で増えた体重を何とかしたいという気持ちに加え、健康診断で基準値を超えてしまっていた脂肪代謝異常の数値を正常化するため、内臓脂肪を減らして健康体を取り戻したいということでした。

エステ、置き換えダイエット、糖質制限など、試したことは数あれど効果を図る軸がなく長続きしない。

食べることが好きで、健康の為に食事だけは抜いてはいけないという思いこみがあり、痩せることのないまま過ごしていたところ、料理教室つながりで仲良くしている友人からナカメの話を聞き、色んな人が様々な目的で通い、成果が出るという話や、何よりもその友人がみるみる体重や体脂肪が減っているという話に共鳴するものを感じ、話を聞いてすぐにメールを送り通い始めることにしました。

始めて最初の頃は、脂肪燃焼のため朝食を抜くということや、必要ないくつかの約束事について同居する母の理解を得られるかが心配でした。

それについては岡本さんからただ一言、話をいくら尽くしても完全に理解してもらうのは無理。とにかくやってみて、結果が出るのを見てもらえれば良いのでは?という言葉に「あっ、そうか。」と思わされました。

食べる量が減る上に、肉を大量に食べたりして体を壊してしまうんじゃないかという家族の心配に対して、内臓脂肪を減らして健康を取り戻すためにやることなので、心配しないでとにかく8週間黙ってやらせて欲しいとだけ伝えて取り組みました。

アドバイスに従い、自分の体で実験してみるつもりで、頭で考えすぎず、とりあえずやってみると、ああこういうことか。と、わかる様になり、楽しんでできるようになりました。

これでいいのかな?と思うことは相談しながら、中盤にさしかかると体重、体脂肪の減少とともに友人から肩幅が小さくなった!と言われる様に。

足指バンドを使った体の歪み矯正も、私にとっては新しい体験でした。

今まで認識していた以上に歪んでいた自分の体に驚き、また足が真っ直ぐになったり、姿勢も良くなっていく感覚も味わうことが出来ました。

他人から見て褒められるのも嬉しいですが自分で自分の体の変化を実感できたことが何よりもの収穫です。今までよりも自分の体のことが少しだけ分かった気がします。

取り組むうちに身についた生活習慣は、ナカメが終わったあとも続けていけるものが多く、自分の中での軸ができたように思います。

本当にありがとうございました。

他人に何かを伝えるのは難しい、というよりも、伝えることなんて、できないと捉えています。

『伝え方が9割』という本や『伝わっているか?』と本を読んだりしました。かつてそうした類の本をたくさん読みました。ブログを書いている関係で、伝えることの大事さを痛感していたからです。

でも、そうした本を読んでも違和感が拭えなかったのです。そんなにうまく伝わらないよ、と。

かなり前になりますが、宮崎駿監督の最後の作品と言われる『風立ちぬ』という映画を観に行ったことがあります。話題作でした。

ラスト近くになって不覚にも涙を流してしまったのです。他の観客も多くの人が泣いていました。それも、直接的な悲しいシーンはなかったにもかかわらずです。

それが長く引っかかっていて、あるとき、これが伝えるということの正体で、伝えることなんてできないんだ、と気づきました。

明示的な映画のシーンで、見せていない暗示していることがあるのです。観客の想像力を計算にいれて映画が作られているのです。そのシーンの暗示でそれぞれの観客が勝手にココロの中で思い出して想像して、その思い出して想像したことに反応していて泣いてしまったのです。

でも、それぞれに思い出して想像したことは違っていたはずです。

だから、伝えてなんかいないのです。思い出させて想像させているのです。

思い出したのは、それぞれの人が体験してきたことです。体験してないことは思い出しようがありませんから。

それ以来、伝えることなんてできない、でも何かその人のココロの中に思い出してもらうことができる、と捉えるようになりました。

ナカメでは、まだ体験していないことの理屈を先に説くことはしません。お客さまがやる前に理屈を尋ねてもスタッフは答えないはずです。

試してみないと感じられないからです。体験したことのないことは体感できません。体感のないことはコトバでは分かりません。コトバで伝えられません。試してみる以外にないのです。

始めて最初の頃は、脂肪燃焼のため朝食を抜くということや、必要ないくつかの約束事について同居する母の理解を得られるかが心配でした。

ということに対して、担当した岡本が、

それについては岡本さんからただ一言、話をいくら尽くしても完全に理解してもらうのは無理。とにかくやってみて、結果が出るのを見てもらえれば良いのでは?という言葉に「あっ、そうか。」と思わされました。

と対応したのはナカメでは当然なのです。

アドバイスに従い、自分の体で実験してみるつもりで、頭で考えすぎず、とりあえずやってみると、ああこういうことか。と、わかる様になり、楽しんでできるようになりました。

これでいいのかな?と思うことは相談しながら、中盤にさしかかると体重、体脂肪の減少とともに友人から肩幅が小さくなった!と言われる様に。

ということも体験しない限り分かりません。体験したからこそ分かったことです。

足指バンドを使った体の歪み矯正も、私にとっては新しい体験でした。

今まで認識していた以上に歪んでいた自分の体に驚き、また足が真っ直ぐになったり、姿勢も良くなっていく感覚も味わうことが出来ました。

他人から見て褒められるのも嬉しいですが自分で自分の体の変化を実感できたことが何よりもの収穫です。今までよりも自分の体のことが少しだけ分かった気がします。

というのも同じことです。

体験して体感していったからこその、

取り組むうちに身についた生活習慣は、ナカメが終わったあとも続けていけるものが多く、自分の中での軸ができたように思います。

という感想です。

ナカメは、理屈で説得したり、論で語るようなことはしません。体験して体感することを大事にしています。体感は伝えられないのですから。

下半身ダイエットお申込み


目先の欲にヒトは負けるようにできています。甘いものを食べる時には、痩せたかったことなんて忘れています。

■ナカメサロンに決めた一番の理由

教えてくれた友人がみんな痩せていたから。

■過去にやったダイエットで一番イヤな想いをした体験

痩せずに途中でくじけた、ダイエットしてることを小バカにされた。

■ナカメサロンにかける思い

上司に「Oさんがタイプの男なんて希少価値」と面と向かって言われたことが、トラウマになってるのでそれを跳ね返すだけの自信を持ちたい。

11月に友達の結婚式で余興をやることになっているので、そこで着る予定のマーメイドコスチュームを綺麗に着こなしたい!

会社で隣の席の子とダイエットをしているが、隣の子は太ってしまったようなので、自分はちゃんと、結果を出したい!

ということでお越しになったOさんの卒業メール。

33歳、155センチ。

初回の体重は60.6キロ、体脂肪率30.7%、脚の皮下脂肪率38.3%でした。

10回で卒業。体重57.3キロ、体脂肪率27.3%、脚の皮下脂肪率34.5%になっています。

岡本さんへ

自分一人のダイエットに限界を感じて、ナカメダイエットに伺いました

最初、甘いものを絶つのが本当に辛くて辛くて仕方なかった一方、自分だけでは到達できなかった体重にすぐいったことに驚き感動しました!

週に1度通うことで「自分に甘える」こともしなくなり、今まで本当に自分の欲に甘えた生活をしていたんだなと痛感しました。

岡本さんに沢山励ましてもらって(笑)うっかり、耐えきれず食べてしまった時、どれぐらいの量でどのぐらいマズイ状態になるか、そうなったらどのぐらいのスパンでどうやって戻すか等も学ばせていただきました!

お陰さまで「やってしまったー」ということが何回もあったのに、周りから「痩せた!後ろ姿がヤバイ」「足が細くなった」など調子に乗っちゃうことを沢山言われるようになって本当に嬉しかったです!

教えて貰ったことを忘れずに、卒業後も理想とする体型を目指して頑張りたいと思います!

どうもありがとうございました。

痩せたい欲と食べたい欲が戦ったら、たいていは食べたい欲が勝ちます。

でも、ダイエットしたい人は痩せたいのです。

それをどうするかが、ダイエットの1番の問題です。

そのために、ナカメ式ダイエットでは、一つの方策は、食欲を敵に回さないように、できれば味方につけるように、ダイエット整体を施します。ツボ押しによって、食欲を抑制するわけです。満腹感は早くくるようになって空腹感は軽くなります。

食欲の問題はそうやって解決していけるのですが、次にあるのは何を食べて、何を食べないのかの問題です。

特にダイエットに影響があるのは、何を食べないか、の問題です。

現在は以前と違って、世間ではダイエットには糖質制限が有効だとされています。

糖質を食べることを制限することがダイエットに有効だということです。ナカメ式ダイエットを創った頃は、まだ糖質制限がダイエットに有効だということは世間にあまり知られていませんでした。

あるきっかけで糖質制限の有効性に気づいてから、10年以上前からナカメ式ダイエットには糖質制限的なルールも取り入れています。

しかし、それには何が糖質か、ということの見分け方が問題です。でも、何が糖質かを見分けるのは、結構、面倒臭いのです。何が糖質かをいちいち見分けなくていいように、ナカメではざっくりと「主食は食べない」「間食しない」をナカメルールにしています。

さらにいうと、糖質を制限し過ぎた時に問題はないか、ということでした。ナカメ経験的に分かったことは、糖質を抜きすぎると、女性の場合は生理のことに影響が出ることです。まず、糖質を抜き過ぎないように、ナカメでは副菜に糖質を含む根菜類を入れるようにしています。

といっても、

最初、甘いものを絶つのが本当に辛くて辛くて仕方なかった一方、自分だけでは到達できなかった体重にすぐいったことに驚き感動しました!

ということはあるのです。

目先の欲にヒトは負けるようにできています。甘いものを食べる時には、痩せたかったことなんて忘れています。

実は、問題は、痩せたいことを食べる前に忘れていて、食べた後に痩せたかったことを思い出すことです。だが、これでは後悔がつきまといます。そのうち罪悪感が高じてダイエットに挫折します。

逆になればいいわけです。

痩せたいけれど、しかし食べるのだ、と意識的な確信犯で食べるようにすればいいのです。食べた後で後悔するのではなく、食べたらどういう結果になるのか、フィードバックするのです。

確信犯で食べるのですから、毎回、食べないと決めたルールを犯す意識が食べる前に上ります。その意識が毎回食べる前に現れるのは嫌なものです。ヒトは嫌なことは避けますから、そのうち食べないことが増えてきます。食べなかった時に、食べなくても大丈夫だ、ということをカラダで感じるようになれば、食べなくても平気になってきます。

だからこそ、ナカメでは「〜しない」と自分で決めることが大事だというのです。

外側からの強制ではなく、誰かの決めたルールではなく、自ら決めた「〜しない」というルールなのです。破る時は確信犯で破る自分の決めたルールです。

自分の決めたルールに基づいて、ナカメ式ダイエットチェック表でフィードバックしていれば、

うっかり、耐えきれず食べてしまった時、どれぐらいの量でどのぐらいマズイ状態になるか、そうなったらどのぐらいのスパンでどうやって戻すか等も学ばせていただきました!

お陰さまで「やってしまったー」ということが何回もあったのに、周りから「痩せた!後ろ姿がヤバイ」「足が細くなった」など調子に乗っちゃうことを沢山言われるようになって本当に嬉しかったです!

という結果を生むようになるのです。

下半身ダイエットお申込み