下半身ダイエット【論より証拠】感想メール
(2486件)

お花の先生

skinny_side.jpeg

自分の生徒さんの紹介で来られたKさんは、お花の先生。

およそ1年半くらい通われている。

最初の頃は、紹介してくれたお客さまを通して、「痩せない、痩せない」と訴えていた。

2週間に1回の割合だったから、1週間に1回のお客さまとは、痩せ方が違って、遅かった。生徒さんが持ってくる手土産を味見していたようだから、なおさらだった。

そう言いながらも、161センチの身長で、56キロ台から49キロ台になった。サイズは11号から7号がはけるまでになっている。

今も、月に1回か2回はお越しになる。

中学生の頃に腰椎の圧迫骨折を起こしている。日常生活に差し支えるくらい腰は悪かった。今では、お天気の変わり目を身体が感じるくらいで、日常的な痛みはなくなった。

これには「感謝してます」と言ってくれる。

まだ不安が残っているので、腰の調整が主だが、まだ痩せたいらしい。

うちのサロンは2ヶ月8回で下半身痩せをするのが目安だから、卒業しないで通われているお客さまには、痩せ方も維持の仕方もわかっているはずだから、そんなにアドバイスはしない。

しかし、Kさんの場合、サイズは落ちたままなれど、目標は48キロと言いながら、51キロ前後をウロウロしている。

やめていた<整体ダイエットチェック表>を再びつけるようにアドバイスした。

朝と夜の体重差をグラフ化して、朝の体重が増えているときは、前日に何か問題があるはずだから、思い当たる理由を書くように、申し渡した。

真面目だからつけてくれたようだ。

「菓子パン1個食べるだけで違う」

「夜遅くのおせんべいと牛乳がまずかった」

とおっしゃる。

実のところ、痩せる、痩せないは、こうしたほんのちょっとの違いだけなのだ。


人にアレコレ注意されても、アタマだけの理解では、守れはしない。経験の中で、理由が自覚できれば自然にしなくなる。

されど、記録していないと、すぐに忘れてしまう。しかも、記録する項目が多くて面倒だと、記さない。

だから、心理的なことも考えて、簡単なチェック表にしてある。


うちの下半身ダイエットは、我慢や努力は要らないけれど、真面目さだけは必要だ。

痩せた結果として20代の女性の方が、スタイルが綺麗になるのは当然だが、成功した人の割合では、60代の女性の方が勝っている。

基礎代謝量においては年齢差がでるけれど、人生経験が違うから、取り組みに対する真面目さに違いが出るのだろう、と思っている。


40代のKさんは、真面目な人だから、あと少しだ。

※これは個人の感想です。成果や効果を保証するものではありません。


【お知らせ】

初回は無料でフル施術

ネットで何かを買う時に騙されないかと不安になったことはありませんか?

不安になるのは、試してみる前に、それが良いかどうか分からないからです。しかし、試せば不安は解消します。

ナカメ式下半身ダイエットも試してみてこそ、やり始めるのか、お試しで止めるのかの判断ができます。

気軽に試せるように初回は1回1万3千円のフル施術を無料で提供します。部分的にしかやらない手抜きのお試しではありません。

食べたことのない食べ物でも一口食べれば美味しいかどうか分かります。試しに一口いかがですか?

初回無料体験のお誘いです。

中目黒下半身ダイエット専門整体サロン

**********