下半身ダイエット【論より証拠】体験談
(2256件)

風邪の期間と誕生日週間中(2週間弱?)も、体重が増える事はありませんでした。

まっちゃん先生、スタッフの皆さん、こんばんは。
特別枠でお世話になっている、Aです。

6回目を終え、体重は6キロ落ち、体脂肪も順調です。
痩せてた頃にはいていたスカートがウエストまで上がるようになりました。
(太ももまでしか上がらなくなっていた!!)
なんのストレスもなく、ルール通り生活しているだけでするすると体重が落ちて行き、驚いてます。

年末年始は風邪を引いて、5日間くらいは、3食きっちり炭水化物(うどんやお粥)。。
先週は誕生日を迎え、ありがたいのですが、連日のお祝い会とケーキ(汗)。

風邪の期間と誕生日週間中(2週間弱?)も、体重が増える事はありませんでした。
正直、この2週間中もルールを守れたらもっと落ちてた!と思ってしまいますが、そこは割り切ります!
ほんと、楽しくダイエット。
これは実際にやってみないと、絶対にわからない感覚ですね!

つらつらと感想を連ねてしまいましたが、次は御相談です。

私は昼間のOL仕事と別で、夜間に在宅の仕事をしています。。
在宅の仕事は、期間限定なのですが、納期がありまして、その納期が近いため、今週から睡眠時間が3時間取れるか取れないかという毎日です。。

睡眠時間が極端に短くなった途端、体重がめっきり減らなくなってしまいました。。
(生理直前というのもあると思いますが。。)
しかし、顔色だけは悪く、やつれた感じになってます。
半身浴もままならない状態です。

そこで、納品(2月初旬)を完全に終えるまではダイエットを休もうかと思っています。

最後に伺ったのが、16日なので、期間としては3週間くらいのお休みになると思います。
ブログや頂いたテキストをかなり読み込んでいるので、維持の方法やダイエットを休む時の注意点についてはしっかり調べました。

これから3週間ほど、きっちり仕事します。
その時にはすっきりした気分でまた再開したいと思いますが、よろしいでしょうか?
(再開の時には体ががちがちかもしれません。。)

どうぞよろしくお願いいたします。

6回で6キロは優秀なナカメダイエッターである。そんな方でも睡眠不足には勝てないのが分かる。

ヒトの一日の生活サイクルの中で大切なものは、大くくりで言えば、活動と食養と休養だろう。

活動。

仕事のために一日デスクの前に座らなければいけない生活であろうと、その生活そのものがゆるやかな有酸素運動と捉えているから、ナカメダイエットでは、特別な運動はお勧めしない。

活き活きと身体を動かすことが、ストレスの発散につながったり楽しみになったりするのならいいけれど、運動系の方がよく勧めるようなダイエットのための運動ならまったくいらない。

運動しなきゃ、スポーツしなきゃ、というような義務感を生じるような運動ならやらない方がましである。

下半身痩せを目的とするなら、ナカメダイエットには週に1回ですむサイズダウン整体があるのだから。

痩せてきたら以前よりも動きたくなるものだから、それは止めないけれど、それまでは努力を要する運動はナカメサロンではお勧めしない。

体脂肪を燃やしたかったら、運動よりもお腹が空いている状態で活動すること。それで、空腹が楽しめるようになったらしめたものである。

ナカメルールの<朝食抜き><間食抜き>は空腹時間を長くするためのもの。<主食抜き>は、体脂肪を燃やしたい期間に、余分なエネルギーを入れないためのものである。

ナカメでは、体脂肪を燃やすために運動時間をわざわざとるよりも、生活の中での空腹時間を大切にするのだ。

一時期流行ったビリーなんとかなんて、いまだにやってる人はいるのかな?

食養。

ナカメの考え方は、同じ食べるなら、美味しくて栄養のあるものを、吸収を良くして食べようということである。

何かのダイエットのように、カロリーの少ない物を選んで食べることや、お腹を膨らませるためだけの食べ物はお勧めしない。

ダイエット整体によって食欲が抑制されているのだから、お腹が早くいっぱいになる。
早く美味しいものを食べないと、すぐにお腹がふくれてきて食べられない。

小食になるからこそ美食、栄食、先食する。

世間のダイエットの考え方とは逆で、朝は抜いて、昼は生野生メインにアッサリと、夜は肉・魚をメインにガッツリと、なのである。

最後に休養。

休養で一番大切なものは、睡眠である。

ナカメルールで一番大切なルールは?と問われれば、今は質のいい睡眠をあげる。

ナカメダイエットでは、いくら他のナカメルールを守っていても、就寝時刻が遅かったり、睡眠時間が短かったりすると、ホントに痩せない。

軽く考えている人が多いけれど、多くの方たちの経験を見ていると、<朝食抜き><間食抜き><主食抜き><同食なし>の食に関するルールや<ダイエット下半身浴>のお風呂のルールより、最低限の<12時前就寝・6時間睡眠>の方が、重いのが分かる。

眠ることは、新陳代謝に関係する。
よりヒトの自然に近いからだろうと思っている。

今週から睡眠時間が3時間取れるか取れないかという毎日です。。

睡眠時間が極端に短くなった途端、体重がめっきり減らなくなってしまいました。。
(生理直前というのもあると思いますが。。)
しかし、顔色だけは悪く、やつれた感じになってます。

となる。

いい睡眠がとれて順調に落ちていた時期と、睡眠がとれなくなって落ちなくなった時期とを、比べられるからの休憩宣言だろう。
Aさんはそれでいいのである。

※これは個人の感想です。成果や効果を保証するものではありません。


*****【お知らせ】*****

☆ 増税後キャンペーン ☆

初回は無料のお試し体験ができます

消費税の増税のためにお金を払っていろんなことを気軽に試すということがやりにくくなりました。ナカメサロンはこの流れに逆らいます。

ダイエットには合う合わないがありますし、ナカメ式下半身ダイエットが従来のダイエットとは違うことは、試してみないと分からないからです。

中目黒下半身ダイエット専門整体サロン

**********