下半身ダイエットブログ
【論より証拠】の下半身痩せ体験談・成功談

体験談 (2382件)

ナカメスタッフ募集第四弾! お客さまにとってもスタッフにとっても、楽しさと嬉しさのあるナカメサロンにしよう。

  • 投稿日:
  • by

スタッフ募集第四弾は、福田からのナカメスタッフへのいざない。

10代の頃から下半身の歪さと太さを抱えていた私ですが『まあ~、家系だよね。しょーがないよね!』と悲しい納得を自分にさせつつの青春時代でした(笑)

20代に入って周りもダイエットブーム(?)になっていたのでいろいろやりました。
食べないダイエット、その時流行りのこれだけダイエット等など・・でも下半身痩せは出来なかった!

最終的にはプロにお願いするしかない!と駆けこんだ某有名ダイエット系サロン。
(やっぱり少々お金がかかっても、CMやってるような有名サロンなら間違いないはず!)という思いから、スタッフさんに勧められるがままに追加で色々買わされたりしていたら100万超えてました・・(涙)でもやっぱり結果は出ず。

何を食べればいいか聞くと
『取りあえず具が豆腐だけの湯豆腐。お水もあまり飲まないように』

なんて、あんまりなお言葉・・そりゃ~一時的に体重は落ちるでしょ。でもそれなら今までと変わらないじゃないかー(怒)

案の定、下半身に変化は無く、残ったのは我慢し続けた後の、爆発的な食欲だけでした・・

・・・この辺りでやっと巷のダイエットに疑いを持ち始め(遅)
それでもネットで検索、(下半身痩せ)(目黒)(整体)とか、そんなワードだったかと思います。

そして発見したのが『中目黒ダイエット整体サロン』
『ん~・・なんともベタな、素敵な感じの無い、ネーミング・・怪しい。いかにも胡散臭い』
と思いつつ、お気に入りに登録し、時々思い出したように覗いてました。
胡散臭い!と感じながらも気になっていたのは
『骨格も調整しつつ何やら下半身にスポットあててるし・・金額もまとめて払うでもなくローン組むまでもなく、手が出る金額・・』

疑いつつも、気になる下半身にトータル的に施術可能と謳う所はその当時唯一で、『これが本当であったなら!!』という希望が強かったんだと思います。

気が付いたら登録待ちするほどに人気になっていたので、慌てて登録待ちしました。

最初は怪しいと思いながらも、それがむしろ楽しく、通って行くうちに気付いたらなんと軽く3サイズは落ちてました!
これは体脂肪だけじゃなく、骨格もなおしてもらって初めての結果だと感じ、感動しました!

この時はボス松田がろくに休みの日も取らず、朝から晩まで働いており、女性スタッフ2名だけ。
『ええ!?松田先生が過労死しちゃったらどうしよう!こんな奇跡のようなサロンが無くなっちゃううう!!』
そう(半ば本気で)思った時にはスタッフ志願してました。

もう、これはナカメサロンを無くしちゃならん!という勝手な使命感です(笑)
スタッフも増え、お客さまも有難い事に多くお待ち頂いている今、思い返すと笑えますがf^_^;)

楽しくて楽しくてたまらなかったナカメサロンですが、やっぱりスタッフ側にまわると見える景色は違います。
喜ぶ側から、喜んでいただく側に。
楽しむ側から、毎週の1時間を楽しんでいただく側に。

ボス松田が何かにつけ口にする『原理・原則 』
これはナカメダイエッターだった頃もそうでしたけど、施術スタッフになった今の方が、とても大切に感じます。
大切、というか、それに尽きるといってもいいと思ってます。

スタッフ成り立ての頃、よくボスに『お客様だけ見とけ。お客様の方だけ見とけばええんや~!』
と聞かされ続けた結果、ガッツリお客様の事だけ考えるようになってました。
どんな些細なサインも汲み取れるようになって行きたい。
それがブレずにあり続け、結果を出し、悩んだ時には『原理・原則 』に帰る。
今だに毎日勉強の日々です。

もちろん最初は右も左もわからず、感覚も掴めずオタオタし通しでした。
上手くいかなくてグルグルしている時、いつも助けてくれるのはお客様からの
『良くなったよ』『痩せて毎日楽しい』『ありがとう』
数々の、温かい言葉です!

どんなお仕事も、初めは辛い事も挫けそうになる事もありますが、今までその先にあったのは、刺激も楽しさもないお給料の為の毎日でした。

このサロンでのお仕事は、仕事、というより私の生活の一部のようで、仕事は仕事、プライベートはプライベートとわけてはいないんですよね。
というか、分けれない。

いつもつい考えてしまう、『あそこは良くなったかな~?何か悩んでいないかな~?彼氏とはどうなったかな~?』
なんて、ダイエットとは関係ない所まで(笑)本当に【好き】を仕事に出来た事、ボスに感謝しております!

幸せを感じながら、感謝の気持ちまでいただきながら、そんな毎日が仕事として生活できるなんて、いろいろ転職を繰り返していた時には、思いもしませんでした。

いろいろな人がいて、身体も千差万別で・・・だからこそ尽きることなく続いているんだと思います。

今いるスタッフは全員、このサロンでの仕事を辞めたいと思った事はないと思います。
それって、かなりスゴイ事だと思うんですが、どうでしょう!?

これからナカメスタッフになってみたいな!って方、入ってみて壁にぶつかったりする事ももちろんあると思います。
ですが!その壁のどれもこれも・・・今いるスタッフはぶち当たってます♪

でも元気に男より男前に!育って行ってます。(それがいいか悪いかは何とも言えないですが・・(笑)
そんなナカメのスタッフ側にご興味がありましたら、お声をかけて下さいね♪

それに対して、

福ちゃんへ

今回、この作文を書いてもらってみんなの気持ちを知ったよ。
俺にとっても良かったと思う。

なぜ、工藤さんに◯ム・ジョン◯ルと言われたのか、須田ちゃんにク◯ジャイアンと言われたのか、分かったよ。

そんな言い方は笑って受けていたし、スタッフには、独裁、我儘、傍若無人に振舞っていた。
それでいいと思っていた。

部分的に良いことと全体として良いこととは違うから、それを考えて決めるのは俺の仕事として大事なことだと今でも思う。

お客さまの方はみんなと同じでよく見ていたし、それをモノサシにして決めていくのはやはり一番大事。

だけど、スタッフの方は気にしていなかった。
スタッフのことは部分的にしか見ていなかった。

それでも今のスタッフにはよく残ってくれたと感謝している。

Oが辞めたときには気づかなかったし、Sが辞めるとなっても気づかなかった。
スタッフ募集のための作文を頼んだことによる副産物だね。

みんなの作文を読んでいるうちに足りないところや欠けているところに気付かされたね。
盲点ありありで見えていなかったところが、見えてきた。

須田ちゃんに、うちのスタッフはよくやってるよ、とよく言われることがあったけど、それは表面的にしか受け取っていなかったよ。

これからも、言動や行動は変わらないところがあるだろうけれど、見え方も気持ちもみんなの作文のおかげで変わったよ。

ありがたく思う。

これからも、よろしく。

下半身ダイエット専門<中目黒ダイエット整体サロン>ボス松田

と返信した。

最近読んだ本に、こんなことが書いてあった。

アメリカのハーバード大学の話。
入ってくるのは超エリートだろう。

だが、入学者の半数は成績が平均以下になる運命が待ち受けている、と。
トップ1%には、それ以外の99%はなれない仕組みである。

入るまではトップクラスの成績だっただろう。
幼きころからのプレシャーの中で勉強してきてエリート校に入学。
だが、この現実の前に挫折感を味わって、そのうちの5人に4人の割合で、うつ状態を経験するという。
ならない1人は、楽しく学生生活を過ごしていて、しかも成績優秀だそうだ。

著者は、心理学者。
4人の方の研究ではなく、ならない1人の方を研究対象にしたそうだ。
得た結論が、常識のようになっている、努力・我慢⇒成功⇒幸福 という図式が間違っているのだ、と。
数々の心理学的な証拠をもって、幸福⇒努力・我慢不要⇒成功 ということらしい。

ナカメダイエットの方向が間違っていないことを確信した。
ナカメルールを守れば楽しくなって楽に痩せられる。
ナカメルールを守らなければ辛く苦しくなって痩せられない。
あとは、ナカメルールをどう試してもらうか、ナカメルールが守れる状況をどう作るか、だけである。

また新たな『原理・原則』を見つけたと思った。
ならば、それを職場としてのナカメサロンにも適用しよう、と。

ナカメサロンを、お客さまにとってもスタッフにとっても、楽しさと嬉しさのあるサロンにしよう、と思っている。
でも、厳しさは残すけどね。

中目黒
下半身ダイエット専門
整体サロンとは?

長年の研究で生まれた下半身ダイエットに特化した専門整体。2ヶ月8回で2サイズダウン!成功実績累計2000人以上の人気サロンです。

  • 激しい運動・筋トレなし
  • ツボ効果で食事制限が楽
  • 2ヶ月で-4~5kg
詳しくはコチラ
友だち追加

ボタンをタップするとLINEのお友達登録画面へ進みます。
LINEで初回のご希望日をお知らせください。

この記事のカテゴリ