下半身ダイエット【論より証拠】お客さまの感想
(2655件)

使ったのは、滑り止めしてある園芸用手袋。(笑)

daitenshideppari.jpg

腰痛を起こしたお客さまから差し迫った電話があって、メールも届いた。

松田先生

以前にN先生に施術をお願いしましたKともうします。

腰を痛めてしまい、以前松田先生に整体をお願いしましたら、一回でうそのようになおってしまいました。

本日また、腰を痛めてしまいました。

できましたら、また松田先生になおしていただきたいのですが。

明日土曜日の朝から14時までと火曜日、水曜日なら終日大丈夫です。

どうぞよろしくお願い致します。

とあった。お困りのご様子。

普段、私は施術をしない。身体を動かしてやる仕事である施術はスタッフに任せてある。私の仕事は、ナカメの仕組みを考えること。施術スタッフたちは私より慣れているからほとんど出る幕はない。手伝うことはあるが、たいていは足手まといになる。

今回は、私以上に技能的にはうまくなっている3号店の須田に回すつもりだった。だが、土曜日で3号店の予約の空きがない。ならば、やはり私が臨時でみるしかないから、

Kさま

では、明日11時に3号店までお越しください。

下半身ダイエット専門<中目黒ダイエット整体サロン>ボス松田

と返信した。

土曜11時。2号店の空きベッドを使って施術した。

壁を背にして斜めの台に立ってもらう。歪みを見るためだ。この台に立つと、両踝、両膝、両股関節が強制的に真っすぐになるように重力がかかる。

ヒトは骨格と筋肉のバランスで立つ。この台に乗ってもらって、骨格にだけ真っすぐになるよう重力を働かせる。歪んで縮んだ筋肉により負担がかかって、普通に立っていれば分からない歪みがより分かるようになる。

右の腰が上がって、右の肩が下がっていた。左膝の内向きもある。身体が捻れているのだ。お客さまも背中とふくらはぎに違和感を覚えているから、術者の見方と受者の感じ方は一致している。

エゴスキューで使うこの台は、本来はこんな使い方はしない。ナカメ流になっている。

施術もナカメ流。今回は「皮よせ」施術だけで済んだ。

数カ所のシワのある部分を伸ばし、皮膚が伸びているところを寄せただけだ。心地よさを感じるかどうかを確かめながら、「山はもっと高く、谷はもっと深く」という皮膚を動かす原則に従ってやっただけ。

使ったのは、滑り止めしてある園芸用手袋。(笑)皮膚に密着して皮膚だけを動かしやすいからである。なんとかとハサミは使いようだ。

途中から痛みが消えてきたのが分かったようだ。痛みを取るのに、ものの10分もかかっていない。前に受けた施術は、骨格調整法で使っていた器械だったそうで、今回の痛みが取れるまでの施術時間の短縮に驚いていた。

最後にまた、斜めの台に乗ってもらって、違和感が残っていないか確かめる。

姿勢が戻っているから骨の歪みではなかったようだ。立位のまま骨を動かす「ピンぶる」の出番はなかった。

松田先生

土曜日の11時から施術していただいたKです。

お陰様で、うそのように直りました。

本当にありがとうございます。

これからも、困ったときのボス松田頼みよろしくお願いします。

とあった。

頼まれたら誰にでも施術する訳ではないが、お客さまが困ったときには援けねばならない。

※これは個人の感想です。成果や効果を保証するものではありません。

★ 初回施術無料 実施中 ★

2ヶ月8回2サイズダウンを目指すナカメ式を試してみませんか?

初回は、無料(¥13,000 → ¥0)で受けられます。

お試し無料に申込む

中目黒下半身ダイエット専門整体サロン