下半身ダイエット【論より証拠】感想メール
(2486件)

「食べちゃいけないものはないけど、量や時間などを考える」その代わりに量を減らすためのサポートとして、食欲減退の整体がある。

waisthakaru.jpg

特別枠で8回通われて、延長コースに入って、計16回で卒業となったK間さんから、微笑ましいエピソード満載の長文メール。



38歳、145センチ。



初回の体重は55.5キロ、体脂肪率31.1%、脚の皮下脂肪率38.5%だった。



16回目には、体重47.1キロ、体脂肪率23.7%、脚の皮下脂肪率30.4%になっている。



数字的に見ると、4サイズくらいダウンしている勘定である。

中目黒ダイエット整体サロンの先生方へ



落ちも鈍ってきたし、目出度く? いったん卒業!となりましたK間です。



本当に延長あり・約4ヶ月、通わせていただいてありがとうございました。



おかげさまで、体重的には6年ほど前・・二人目妊娠前くらいまでも戻りました♪



洋服もそのころのなんて、ほとんど処分しちゃっていて、普通なら「洋服の買い替えが〜」となるところなんですが。



ボトムスについては、以前衝動買いしたものの履けなかった、通販・福袋ものがありましたので大丈夫でした(爆)。



トップスについては・・手持ちのカットソーなどについては妙に伸びてる感じ・・なので、少しずつ、選ぶのを楽しんでます。



パンツの福袋が届いたときは、ひざから上に上がらなかったものばかりだったのに・・



10本入ってて、届いたときにもようやく履けるかな?な1−2本、今でもまだ無理・・な細めタイプ1本を除いたすべて、ばっちりOKになりました!



腿で無理無理することもなく履けるようになって、うれしい限りです♪



背丈が無いのですそ処理は必要だったり、今となるとウェスト・ものにより腿部分も妙にゆるかったりする・・んですが・・それはそれとして(笑)。



そういえば、延長に入ったころだったか、それまでの靴があわなくなったのは予想外でした〜。

スリッポンタイプだと、歩き出すと脱げるんですもん。

服の買い替えに、靴まで含むとは思いませんでした(笑)。





膝や腰が危険・・と、毎回いろいろと気を配っていただきつつの整体でしたが、体重が減るにつれて痛みが軽くなる日のほうが多かったように思います。



体重が落ちてもやっぱり痛いときはあり、痛みの理由は体重ばかりじゃないようですので、そちらは整形外科に行ってみようと、ようやく思うようになりました。



・・だって、ダイエットする前は「身体が重いからじゃない?」なんていわれたらどうしようとか思っちゃってたんですもの(爆)。



来年春、入学を迎える娘と一緒に「気兼ねなく」写真を撮りたい。

ちゃんとスーツを着こなして、隣に立ちたい。



そんな思いはあったものの、一人では踏ん切りがつかなかった日々をすごしていました。

極端な運動にしろ、ダイエットサプリメントにしろ、脂肪融解だのというのにしても。

効果はさておいても既往症の関係もあり、あまり手が出せなくて。

それをいい理由にして、のほほんってしてたとこもあったと思います。





「俺とおんなじ、立派なお腹だねぇ」と、久しぶりに会った知り合いに言われて、ぐらっときました。

言われたから、反発してやる気になったんだと思います。



帰宅後、即日ネットでいろいろと検索して、こちらにたどり着きました。



正直、「大丈夫かな?」と思いながらブログを読み進んでいき、ゆっくり2〜3日で過去ログを読み終わるかどうかのあたりで、メールを差し上げたように思います。



待っている方が多いのは承知だけれど、「来年春に間に合わせたい」ため、

はじめから特別枠を希望しました。



にしても、時期を考えればよかったです・・あと、ほんの数日。

一日でも早く、と初回整体予約3日後には誕生日(笑)。



先生に言っておいたとはいえ、二回目までに、すでに「外食・ケーキ」という赤丸印がついてしまいました。



途中途中で、落ちが悪かったり戻ったりの週もありました。



睡眠不足はともかく、家族の誕生日などのイベント、実家関係のごたごた。

これについては、精神的に落ち着かないときは、気がつくと食べてしまったり、睡眠の深さに影響したり。

やっぱり難しいなぁと思ったりもしました。



それでも、ここまで落ちて。

翌春どころか、秋の運動会に間に合いました。



ビデオだの写真だの・・園行事の「母親も参加」な記録ものを、毎回苦い目で見ていたりしましたので・・本当にうれしいです♪



「たんたんとこなしていけば、落ちるから」この言葉を実感したのは、実は延長に入ってからだったりします。



基本8回終わった、ということで、妙に肩から力が抜けました。

「もう、あんまり無理しないで食べていこう」

それまで夕食の「肉・魚」、実はかなり頑張って食べてました。

ええ、本当に、今思えば・・思い切り食べすぎです。



ブログを拝見してた中で、「気持ち悪くなるくらい・これでもかというくらい食べ」るくらいのほうが落ちるとの言葉が妙に頭に残ってて、本当に・・ノルマ状態で食べてました。



肉なら、1食・最低400〜500グラムパックまるまる・・どんぶり一杯、お肉の山。

もう、気分が悪くなる一歩手前まで。



もともと食べ放題が得意(?)なほうだったので、「これでもか〜」で本当に目一杯・・詰め込んでしまったんですよね。



体脂肪とかの落ちが悪いときとか、「お肉、食べてる?」の質問に自信を持ってましたもん。

これ以上は食べられません、って。



延長入ってから、それをやめました。



もう無理しすぎない、って。

もう落ちなくなったら、いったん仮卒・また再開すればいいや、って気分を変えて。



半分〜2/3、お肉でいえば大パックから中パックに変更して。



そうしたら・・体脂肪率とか体重とか、次の回には落ちちゃってましたね(笑)。



不思議そうな先生に、「今まで食べ過ぎてたみたい」と言うと、「身体に訊くようになったんだね〜」といわれて、自分でもようやく気づきました。



「お腹が一杯になったらやめればいい」それも書いてあったはずなのに、それに気づいたのが遅すぎですよね。



でも、それからのほうがときどき思ってた「甘いものがほしくなる」ような気持ちがずいぶん落ち着いたような気がします。



今年の夏は暑かったので、冷たいものが食べたい〜・・って誘われたときは、アイスクリームの代わりに、アイスボックスをがりがり(一つ14kcalって・・うれしすぎる)。



コカコーラのかわりに、絞ったレモンを数滴の炭酸水。

いや、たまに夫の飲む「ペプシNEX」をちょこっと飲んだりもしましたが(爆)。



ご飯も、一人で後でとるよりは、みんなで食べるほうが落ちるような気がしました。

一人だと、もくもくと食べ・・る量が必要以上に多くなっちゃうのかもしれません。



実家に行ったりするときも、当然、ご飯やおかずを用意したり・・なほうに回れば、意外と「主食を(まったく・ほとんど)食べない」なんてことは言われないものですね。



食事を用意する側(大体女性陣・・母やら義母やら、かな?)に、「昼にちょこっと食べすぎちゃって」「ちょっと今日は胃の調子が・・」とかさりげなく言っておけば、わざわざ聞かれることもないし。



男性には、お酒を勧めたりおかずを取ってあげてたからか、気にもとまらなかったみたい(爆)。



大人数だと、どれが誰のお皿・・なんて、隣同士くらいしか気にしないので、実家から帰って量ってみれば、体重が減っていたりでした。



これは人によるかもね〜と、話してたりしましたが。



私の場合は、匂いで食欲を結果的に抑えたり、というときもありました。



おはぎでも作ろう、と小豆を煮てみたとき。

下ゆでからあわせて数時間、ずーっと煮ていたりしたら・・多少味見はしたものの、鼻がやられてしまって、作った鍋一つ分の小豆で作ったあんこは、ほとんど口にすることなく、家族&おすそわけで消えました。



そういえば、ケーキ屋さんバイトのときはケーキ、チョコレートショップのときはチョコレート、まったく食べたいと思わなかったっけ(笑)。



パンよりご飯いっぱい、ケーキよりはおせんべいを・・という、炭水化物中毒もはじまりの数日間と、いらいらしてる時以外は、わりと落ち着いたように思います。



それでもかりかり、というおせんべい様の食感がほしいときなど、パン耳や、残りごはんをつぶして平べったくしたものを、オーブンで焼いたラスク・おこげもどきは、食事の時などにずいぶん活躍するようになりました。



ナカメでは夕食はかなりしっかりとれる(ダイエットというイメージから考えると、むしろ過剰気味)、これが続けるにあたっては、とても大きかったです。



マイクロダイエットのような置き換えで「もっとも効果がある」のは、やっぱり「いっぱい食べる」夕食を置き換えることなんですもん。

短期間は我慢できても、かなりの意思を持たないと続けられない・・



「無理しすぎない」というのが自然とできるのが、ナカメの秘訣のひとつだと思います。



何かをやろうというときには、何かを代償(おおげさ?)にする形が多いと思うのです。

金銭・時間や、趣味。時には家族。



ナカメの場合は、大まかには、食事のとり方を変えるということ。



「食べちゃいけないものはないけど、量や時間などを考える」

その代わりに量を減らすためのサポートとして、食欲減退の整体がある。



もし、それが無かったら精神的に飢餓状態になってただろうなぁと思うと、よくこのダイエットを選んだ!と自分を褒めてやりたい・・

ネットの普及に、ホント感謝。



摂取量が減り、体重も減ってくるにしたがって・・

一回の食事を大事にしよう、とする意識が強くなった気がします。



レシピサイトを見ながら、同じような食材でも自分で作ったことのない味付けを楽しんでみたり。



いままで買うか外食ばかりでいた、ちょっと手の込んだものも、たまには作ってみる。



台所に立つ時間が少し長くなり、おかずに少しバリエーションが増えてくる。



これも相乗効果でしょうか、おかげで夕食をより楽しむようになりました。

もとが食いしんぼでしたので、余計にかも(笑)。



「ママ、やせて綺麗になって、うれしいよね〜?」

「うん!」

実家に行ったとき、面とむかってはほとんど言わない母が、楽しそうに子どもに尋ねていて、その返事もうれしそうで。

言わなかったけど、思ってたんだろうなぁと。

やってよかったぁ、と。

本当に、嬉しかったです。



きっかけとなった知り合いと先日会った時、「随分変わったなぁ」の言葉には、内心ガッツポーズ。

正直、まだスカートの中にはちょっとあるんだけど・・見えないし(爆)。





「わぁ、小さくなったね!」

ナカメのドアを開けると言われるようになったのは、延長してしばらくのあたりでしょうか。

背が低い私にとって、「小さい」はコンプレックスな言葉なんですが、それが嬉しく思えるようになってるくらいに、体型と意識が変わったんでしょうね。



初回にショックだった身体年齢(実年齢+9歳・・)も、今ではマイナス!

体脂肪率をそれまで測ったこと無かったので、体脂肪の高さよりも身体年齢のほうが、実は響いてましたもん。



春までにと思っていたのが、早めにスタートできたおかげで、懸念のひとつだった運動会にも間に合ったし。



まだぽちゃといえ、脚がかなり落ちたし・・

今年の冬は、ブーツ初挑戦!を考えてみようかな。



スキーブーツも、きっと必死にならなくても止められると思うと・・うれしい♪

あ、去年買ったばかりのスキーウェアは、さすがに大きいだろうなぁ・・

レンタルにでもしとけばよかったかな(笑)。



どうしても変な風に緊張してしまうのか、身体が硬すぎるのか。

ぱきっ、な音を鳴らすのに苦労させてしまった、OS先生。



ハイテンションで、話すつもりが無かったことまで引き出す福田先生。



整体中も、妙に子どもネタで盛り上がってしまう室井先生。



緩みかけた気を引き締めさせる少しきつい言葉を言いつつも、さすがにスムーズに・・

動きが早いのでついていくのが大変だった松田先生。



ほかに一度だけという先生もいらっしゃいましたが、皆様ほんとうに。

本当にお世話になりました〜。



いったん卒業とはなりましたが、恥ずかしながらまだ落ちしろがたっぷりある身。

3ヵ月後には、また再開させていただきたいです。



それまでに、この状態をできるだけ維持しつつ、無理しすぎず過ごしていきたいな、と思います。



卒園・入学シーズン前に、もうちょっとしぼって・・と

3ヶ月後早々で申し訳ないんですが、再開は1月末〜2月前半くらいを・・とお願いしたく。



本来の目標は入学なんですが・・

その手前、3月半ばの謝恩会までにどうにかしたいのです。

「なんかね〜、みんなでメイド服着るなんて言ってる人もいる〜」と、整体中のおしゃべりで、半分以上冗談のつもりでしたのに。

・・ホントになりかけてきちゃいました(汗)。



実際、それになるかはともかく・・

第二候補で「チャイナ服(アオザイっていうのかな?)」ってのも出ているので・・

結局はコスっぽい傾向は変わらないみたいです(汗)。

再開のときは下半身にあわせて腕(特に二の腕)も、

集中コースでお願いします〜。



まずはメンテナンス予約しなきゃですね、よろしくお願いします♪
OS先生へ



卒業メールを出してみたものの、まだまだ話したりないことがいっぱい〜って・・・うーん、どれだけおしゃべりなんだ、私(笑)。

というか、要領を得ないだけなんですよね、きっと・・すみませんっ。



にこやか〜な笑顔でいながら、その手はしっかりと容赦せず「ぅぐ・・」の声をどれだけあげさせられたことか。

OS先生をはじめとした、先生方みんな・・

・・ええ、人は見かけによらないと、何度思わされたことでしょう。



毎回、整体終わってからの「・・ふぅ」のため息は、体の固い私の、心からの安堵の息です、なぁんて(笑)。



ナカメでのダイエットは、一人じゃないから続けられる・・

整体中の何気ないおしゃべりとかも、気分的にすごく助かってました。



まっちゃんBLOGなど読んで頭でわかってても、やっぱり不安になることもある。

理由がわかってても、やっぱり落ちないとリバウンドするんじゃないかと心配にもなる。

直接聞ける、ってやっぱりメリット大きいですもん。



落ちが悪いなぁと自覚してるときにも、だいじょーぶ、と、肩のコリだけじゃなくて肩の力も抜いてくださって本当にありがとうございます。

おかげで、もぉだめだ〜なんて思うことなく、無事卒業まで参りました♪



それにしても本当に・・サイズ、いくつ変わったんだろう?

やっぱり最初にはかっておけばよかったです〜。



はじめてほぼ3週間したころがユニクロ・ストレート27で・・途中で23も入るようになり。

そのとき無理だったスキニー24が、昨日いったらどうにか、でした。



(サイズの目安ということで、入ることが優先で試着していたので、実際にはワンサイズ大きいくらいじゃないと、日常着るのはつらそうですが・・笑)



整体に行きはじめには、はくのもかーなーりきつかったパンツが、今はブラウスシャツを中に入れて、ウエスト部分二重折できますもん。

(見栄えが悪いので・・・実際はくときはベルトでしめますが)



そう、シャツを中に入れられるようになったんです!

おなか周りが気になったりで、ずーっとパンツの外に出して着てたのに。

どういう風になりたいって聞かれたときに言ったことが、できるようになったの!

だぼっ、て洋服の着方にしなくていいの!



本当にありがとうございます〜。



神戸店開店の際にはそちらにいらっしゃる、とのこと。

いつかはもうお会いするのも難しくなってしまうのね〜と、とぉっても今から寂しい気がいたしますが。



関西方面のお嬢様がたのお悩み解決されてる、そのご活躍もきっとBLOGなどで伺えそうですね、そちらをせめてもの楽しみに。



先生が神戸に行かれるの、まだですよね?

行かれる前にでも、ぜひ・・



また、ケーキを押し付けさせていただきますね♪(にっこり)



(ちゃんと迷惑でしたら言ってくださいね〜〜〜っ。 あ、2月ころだと期間限定・バレンタインチョコになります・笑)



前に、ダイエットとかしたときは、食べれないストレスでずいぶんイライラしたように思いますが。



今回のナカメは、食べれないって意識はほとんどなかったです。

ほんと、精神的には楽なダイエットですよね♪



今も、3食に戻し始めてますが、「以前の量にしないように」と意識するほどもなく、最初から自分の分を取り分けるのではなくて、足りなければよそるようにしたら・・

・・結局、そんなには食べられない、みたいです。

このままのペースで、まずは再開までもっていけたらいいなぁと思ってます。



久しぶりだと、ちょっと整体の痛みが怖い気もしますが、メンテでお会いできるのを楽しみにしております。



本当に、ありがとうございました!

嬉しさ溢れる長いメールである。コメントするのは蛇足だろう。

※これは個人の感想です。成果や効果を保証するものではありません。


【お知らせ】

初回は無料でフル施術

ネットで何かを買う時に騙されないかと不安になったことはありませんか?

不安になるのは、試してみる前に、それが良いかどうか分からないからです。しかし、試せば不安は解消します。

ナカメ式下半身ダイエットも試してみてこそ、やり始めるのか、お試しで止めるのかの判断ができます。

気軽に試せるように初回は1回1万3千円のフル施術を無料で提供します。部分的にしかやらない手抜きのお試しではありません。

食べたことのない食べ物でも一口食べれば美味しいかどうか分かります。試しに一口いかがですか?

初回無料体験のお誘いです。

中目黒下半身ダイエット専門整体サロン

**********