下半身ダイエット【論より証拠】感想メール
(2488件)

ナカメ魂は、変わって欲しくないな--っ。いつまでもココロのオアシスであって欲しいな---っ。 て思いました。

sizedown.JPG

ナカメの施術法の変遷を知る古いお客さまの一人であるKさんから、45分で終えるようになった新しい施術についての感想メール。

スダちゃん、昨日もありがとうございました。感謝です。

ふと思いました。
施術はそんなに変化ないですよね?。笑
いつもスダちゃんにしてもらってるから。

ワタシの場合、バランスが最悪な時(過食・身体の痛み・精神バランス不安定 など)に軌道修正・スイッチの切替もかねてメンテで行きます。

初めて、脚をユラ?ユラ?、スダちゃんにしてもらいました。
→脚がス-ッと伸びる感じです。

大きな変化は時短。
1.5hが半分に。
せっかちなワタシは、凝縮された濃厚な時間が好き。
時短施術も、身体には効いている感ありで効果に変わりなしです。

なんとなく・・・
初めてナカメを経験した時(だいぶ昔むかし・・・)を思い出しました。(歳を重ねたせいか?笑)
その時の施術の進化版と感じました。

そして・・・
ナカメ魂は、変わって欲しくないな--っ。
いつまでもココロのオアシスであって欲しいな---っ。
て思いました。

↑痩せブログではないね?。笑
こういう人がいてもよいでしょ。

オアシスナカメ。

ナカメのベースにしている技術の原理は変っていない。変ってきているのは方法だ。より効果的に効率的に進化してきている。

ふと思いました。
施術はそんなに変化ないですよね?。笑
いつもスダちゃんにしてもらってるから。

と感じたのは、いつも工夫している須田の施術を受けたからだろう。須田はよく施術上のヒントをくれる。ナカメ式ストレッチ<カチン>のヒントも須田からもらったのだ。

そうしたヒントを元に原理的に考えて、施術時間を短縮しても十分な施術効果が出せるだろうと私のアタマの中ではできていた。

実際に試してみたのは自主研究会でだ。
サロンが休みの月曜日に、札幌店を開く予定の伊藤と須田と私で試してみたのだ。

ナカメ式ストッレッチポールとEMSを組み合わせてやるサイズダウン整体。背部と腹部のツボを圧して食欲を抑制するダイエット整体。

もちろんナカメ式の新しい整体は上部の身体を整えるための前提になるから欠かせない。それに、ナカメ式プリングポールを使っての「カチン」と「ユラユラ」を加えると、短時間で身体のバランスが整うようになる。

お客さまが施術ベッドに寝ている時から脚が伸びた感じがして、実際に立ったときには、真っ直ぐに近づいている。

初めて、脚をユラ?ユラ?、スダちゃんにしてもらいました。
→脚がス-ッと伸びる感じです。

とあるのはその効果だ。

伊藤は、従来のやり方では直せなかった膝の向きが変わった。須田は、後屈が苦手。それが行くようになった。いろいろなところでいろいろな施術を受けている須田にとっても初めてだったようで、後ろに反れないのをからかっていた松山店の友田にLINEで写真を送ったほどだ。

その後、ナカメ研修会で、グループみんなにやり方を披露してから取り入れた。

見える時間でやる施術はシンプルになった。

大きな変化は時短。
1.5hが半分に。
せっかちなワタシは、凝縮された濃厚な時間が好き。
時短施術も、身体には効いている感ありで効果に変わりなしです。

となった。

当然だろう。それは氷山の一角だ。見えない時間で、試行錯誤し研究していたことが支えている。ここはスタッフにもお客さまにも見えない。

なんとなく・・・
初めてナカメを経験した時(だいぶ昔むかし・・・)を思い出しました。(歳を重ねたせいか?笑)
その時の施術の進化版と感じました。

そして・・・
ナカメ魂は、変わって欲しくないな--っ。
いつまでもココロのオアシスであって欲しいな---っ。
て思いました。

とある。

ナカメの進化は私が担う。ナカメ魂は施術スタッフたちが守ってくれている。

※これは個人の感想です。成果や効果を保証するものではありません。

【お知らせ】

初回は無料でフル施術

ネットで何かを買う時に騙されないかと不安になったことはありませんか?

不安になるのは、試してみる前に、それが良いかどうか分からないからです。しかし、試せば不安は解消します。

ナカメ式下半身ダイエットも試してみてこそ、やり始めるのか、お試しで止めるのかの判断ができます。

気軽に試せるように初回は1回1万3千円のフル施術を無料で提供します。部分的にしかやらない手抜きのお試しではありません。

食べたことのない食べ物でも一口食べれば美味しいかどうか分かります。試しに一口いかがですか?

初回無料体験のお誘いです。

中目黒下半身ダイエット専門整体サロン

**********

この記事のカテゴリ