下半身ダイエットブログ【論より証拠】のまっちゃんBLOG
体験談 2327件

ずっとコンプレックスだった下半身痩せが出来るかもしれないと思った

  • 投稿日:
  • by

jeans_x_7.jpeg■ナカメサロンを選んだ一番の理由

ずっとコンプレックスだった下半身痩せが出来るかもしれないと思った為。

■ナカメサロンにかける思い

特に太もも、ヒップが気になっていて、パンツを綺麗に履きこなせる様になりたいです。

ということでお越しになったNさんの卒業メール。

38歳、162センチ。

初回の体重は56.0キロ、体脂肪率27.3%、脚の皮下脂肪率33.2%でした。

8回満たずの6回でのスピード卒業。体重51.5キロ、体脂肪率23.1%、脚の皮下脂肪率29.0%になっています。

岡本様

約1ヶ月の間、大変お世話になりました。

予算の関係でトータル6回程で卒業を考えていたのですが、当初の予定通り6回で卒業する事が出来ました。

理想を言えばヒップと太もも付け根をもう少し落としたいな...という気持ちもありましたが、数値と見た目にはかなりの変化が出ていたので卒業を決意しました。

忘れもしない初回の日、岡本様から本当に痩せる気あります⁈(笑)とツッコミを入れられてしまった私(^_^;)_

ナカメルールの説明を受けて朝食抜きで間食なし、更に昼はサラダ。夜に肉を食べれるとはいえ本当に耐えられる⁈と思っていました。

でも岡本さんが「ずっと続けようと思うと辛くなるから、まず3日頑張ってみましょう。そこで辛い事があれば言ってくださいね。」と言って下さった言葉を信じ、ひとまず3日やってみようと考えが変わりました。

初日は軽い頭痛(肩こりからなのか低血糖からなのかは不明)があったり、2日目は残業で夕飯が遅くなりクラクラしたのでガムを一粒食べてしのいだりしていました。

不思議なのが3日目にはふっと楽になり過ごす事が出来ました。

施術翌日からスルスルと体重が落ち始めたので、やる気もどんどん出てきました。

ナカメ生活を始めて、自分がどれだけ食事や間食でカロリーや糖質、脂質を取っていたのかを実感して恐ろしくなったのを覚えています。

そして甘い物は中毒性があるという事も実感しました。午前中から間食をしたり、夕食後にもお菓子を食べていた私が間食をしなくても全く平気になっていました。

もちろん食べたくなる時もあるので、そう言う時は食事のすぐ後に食べるようにしたり、確信犯的に食べて、その後の身体の調子をみて調整しました。

岡本さんも「食べたい時は我慢しないで食べていいんだよ。」と言ってくださり、気持ちも楽になりました。

今までブラックコーヒーは苦くて飲めなかったのに、美味しく感じて飲めるようになったのも驚きです。今まで甘い物を取りすぎて舌の感覚が麻痺していたのでしょう。

そしてナカメ式の足指バンドも凄いです。

身体の歪みが矯正されて、足の形が綺麗になったのはもちろんナカメに通っている間は長い間悩まされていた首肩痛も緩和されていました。

卒業した今、また首肩痛が来たら...と思うと怖いです。足指バンドの調整だけでも通いたいくらいです。

毎週ナカメに通い、岡本さんと世間話をしたりアドバイスをもらったり、苦痛というよりも楽しい1ヶ月でした☆

維持生活も楽しみながらキープ出来たらと思います。

もう一回通うつもりだったのをやめて、卒業する事にしてしまったので、最後岡本さんときちんと話が出来なかったのが残念です。

1ヶ月後のメンテで伺う際に久しぶりにお会い出来るのを楽しみにしています♫

本当にありがとうございました!

ダイエットはココロの変化とカラダの変化を捉えていく必要があります。

ココロのことだけでもカラダのことだけでも、ダイエットはうまくいきません。

まず、ダイエットに取り組む前は、ココロの問題が大きいものです。

ナカメに来るということは<痩せたい>からですが、Nさんも初回の不安が大きかったのでしょう。

ナカメルールの説明を受けて朝食抜きで間食なし、更に昼はサラダ。夜に肉を食べれるとはいえ本当に耐えられる⁈と思っていまいました。

と思ったのは当然です。未知のものにヒトが不安を抱くのは当たり前だからです。

忘れもしない初回の日、岡本様から本当に痩せる気あります⁈(笑)とツッコミを入れられてしまった私(^_^;)_

とあるのは、不安だからやめるのか、不安でもやってみるのか、ということです。やめるのか、やってみるか、を決める必要があります。

例えば、上る必要がある、ちょっとした階段を上るときに「あの上まで登らないといけないのか」とココロに思ってしまうと、上る前にココロにしんどさを予想する感情が出てしまいます。

そんなことを思わずに、目の前の1段1段を上りながら、カラダが疲れたら休憩して、また1段1段上っていると、いつのまにか上まで行き着きます。

それと同じことで、ナカメでは「何キロ痩せる」というような目標は持たせません。そんな目標があるがために、前より痩せていても、まだまだ痩せていない、と思ってしまうからです。

そもそもヒトのカラダの成長や変化に目標はありません。目標を作るのはアタマです。カラダはアタマの指示には従いません。アタマが作った目標や計画通りにカラダが変化することはありません。

アタマが作った目標があると、目標までの届かない、まだ過程として<ない>方を、つい見てしまいます。<ない>方を見ているとしんどくなります。目標にいつまでも届く気がしません。

しかも<ない>方に解決策の手がかりはありません。「痩せない」と思う人が、いつまでも痩せないのは、手がかりのない<ない>方に手がかりを探すからです。

だから、ナカメでは目標は持たせないのです。ナカメは三日坊主になってもいいから、とにかく目の前のことを試してみましょう、です。

でも岡本さんが「ずっと続けようと思うと辛くなるから、まず3日頑張ってみましょう。そこで辛い事があれば言ってくださいね。」と言って下さった言葉を信じ、ひとまず3日やってみようと考えが変わりました。

3日だけというのはものの例えですが、スタッフはそのお客さまが「それならできそう」と思えることをアドバイスします。ヒトはできそうに思えることでないとトライしないからです。

トライしてみれば、カラダは、

初日は軽い頭痛(肩こりからなのか低血糖からなのかは不明)があったり、2日目は残業で夕飯が遅くなりクラクラしたのでガムを一粒食べてしのいだりしていました。

不思議なのが3日目にはふっと楽になり過ごす事が出来ました。

という反応をします。

こうしたカラダの変化は施術スタッフには事前に判っていることです。

施術翌日からスルスルと体重が落ち始めたので、やる気もどんどん出てきました。

と、カラダの変化とともにココロも変化します。

あとは、ナカメダイエットの過程で、

ナカメ生活を始めて、自分がどれだけ食事や間食でカロリーや糖質、脂質を取っていたのかを実感して恐ろしくなったのを覚えています。

そして甘い物は中毒性があるという事も実感しました。午前中から間食をしたり、夕食後にもお菓子を食べていた私が間食をしなくても全く平気になっていました。

もちろん食べたくなる時もあるので、そう言う時は食事のすぐ後に食べるようにしたり、確信犯的に食べて、その後の身体の調子をみて調整しました。

岡本さんも「食べたい時は我慢しないで食べていいんだよ。」と言ってくださり、気持ちも楽になりました。

今までブラックコーヒーは苦くて飲めなかったのに、美味しく感じて飲めるようになったのも驚きです。今まで甘い物を取りすぎて舌の感覚が麻痺していたのでしょう。

というように、人によって違いますが、いろいろなココロとカラダの変化があります。

結果、

毎週ナカメに通い、岡本さんと世間話をしたりアドバイスをもらったり、苦痛というよりも楽しい1ヶ月でした☆

となったのは当然のことでしょう。

中目黒下半身ダイエット専門整体サロンサイトへ  初回予約