下半身ダイエットブログ
【論より証拠】の下半身痩せ体験談・成功談

体験談 (2382件)

最初は半信半疑で、ずっと痩せなかった足が痩せるのかなーと思ってました。

  • 投稿日:
  • by

■ナカメサロンにかける思い

足と足首が太いのは諦めていました。1度も細くなったことがないので、堂々とスカートをはきたい。

■ナカメサロンに決めた一番の理由

ホームページを拝見して、ぜひお願いしたいと思った。

ということでお越しになったSさんの卒業メール。

33歳、153センチ。

初回の体重は49.5キロ、体脂肪率24.9%、脚の皮下脂肪率31.7%だった。

11回で卒業。体重44.6キロ、体脂肪率21.0%、脚の皮下脂肪率27.9%になっている。

卒業メール遅くなってすみませんでした!

最初は半信半疑で、ずっと痩せなかった足が痩せるのかなーと思ってました。

でも2ヶ月目ぐらいから細くなったような気がして、2ヶ月半目ぐらいでは、お洋服屋さんのSサイズのパンツが入るようになってました!

今まではLでも入らないことも多々ありで、、、

すごく嬉しくてお洋服を買うのがますます楽しくなりました!

本当にありがとうございました!

卒業して約1ヶ月、、、安心からか甘いもの食べすぎな気がしてきました、、、またメンテナンスに伺いたいです!

お客さまを「喜ばして、なんぼ!」ということをナカメは大事にしている。それがナカメの価値観だし、ナカメのモノサシでもある。

そのモノサシを当てて、お客さまの気持ちの変化を分析するときに、<実際>と<希望>と<現実>を分けて考える。

客観的<実際>と未来に対する<希望>と、<実際>と<希望>の狭間にある、ココロが捉える主観的<現実>と。特に、客観的<実際>と主観的<現実>を分けて考えている。

喩えていうとこんな感じだ。瓶に入った半分のワインをどう捉えるか、に喩えてみる。

瓶半分のワイン。それが実際。客観的な実際に、感情はついてこない。

半分しかないと思うか、半分もあると思うか。

そう思うのは、ココロが捉える主観的現実だからだ。現実の捉え方は主観的にならざるを得ないから、感情がついて回る。しかも、その現実についてくる感情は、その人が持つ希望と実際のズレから生じる。

満ちた瓶を希望側に置くなら、半分しかないと思うだろうし、空の瓶よりはましとなれば、まだ半分もあると思えるだろう。

やっかいなのは、一度にはどちらかにしか見えないということだ。減った分を問題にするか、残った分に目をつけるか、どちらかしか見えなくなる。しかも、どちらに見えるかで気持ちが左右されるのだ。

Sさんは、

今まではLでも入らないことも多々ありで、、、

というところから、

2ヶ月半目ぐらいでは、お洋服屋さんのSサイズのパンツが入るようになってました!

となったのは、このお客さまの身体に実際に起こったこと。

一方、

足と足首が太いのは諦めていました。1度も細くなったことがないので、堂々とスカートをはきたい。

というのが、ナカメダイエットに求めていたこのお客さまの希望。

だから、ココロの中では、

最初は半信半疑で、ずっと痩せなかった足が痩せるのかなーと思ってました。

というところから、

でも2ヶ月目ぐらいから細くなったような気がして、

という気持ちの変化が起こった。減ってきた方、サイズダウンしてきた方に目が向いた。

だからこそ、その後に、実際のサイズを確かめて、当初の希望と比べて、

すごく嬉しくてお洋服を買うのがますます楽しくなりました!。

とココロの中で感じてくれたのだ。

実際が変化することによって、希望とのズレが減って、お客さまの現実感が変った。現実感が変れば付随する感情も変る。しかも、いい方に。

それが嬉しいのである。

中目黒
下半身ダイエット専門
整体サロンとは?

長年の研究で生まれた下半身ダイエットに特化した専門整体。2ヶ月8回で2サイズダウン!成功実績累計2000人以上の人気サロンです。

  • 激しい運動・筋トレなし
  • ツボ効果で食事制限が楽
  • 2ヶ月で-4~5kg
詳しくはコチラ
友だち追加

ボタンをタップするとLINEのお友達登録画面へ進みます。
LINEで初回のご希望日をお知らせください。