下半身ダイエットブログ
【論より証拠】の下半身痩せ体験談・成功談

体験談 (2380件)

我慢しなければ痩せないと思いこんでいました。

  • 投稿日:
  • by

ブログでいつも書かれている「我慢しない」とはどういうことか、全く分かっていませんでした。

再開コースのIさんの卒業メール。

42歳、171センチ。

再開1回目。体重61.9キロ、体脂肪率26.2%、脚の皮下脂肪率32.2%でした。

再開11回目。体重57.7キロ、体脂肪率23.2%、脚の皮下脂肪率28.7%になっています。

10年くらい前からナカメでお世話になっています。

お蔭様で通っている間には減量できるのですが、ルールを外れた時などに暴食してしまってリバウンドする、というパターンにはまり再開を繰り返していました。

例えば、
① 我が家の週末の楽しみは美味しいパンを買ってきて卵料理やサラダのランチをすることなのですが、私だけパンを食べず、週明けにパンを暴食していました。

② 友人とのランチで主食を食べた時や、子供の行事などで主食を食べた後、山のようにお菓子を食べていました。

③ 来客でお菓子を出した時は、解散後に残っているお菓子を全て食べつくしていました。

④ 旅行の際は、ルールを極力守るように工夫し、朝食のビュッフェなどもフルーツだけにしたりするのに、帰宅後にパンやお菓子が止まらなくなっていました。

せっかく会食をしたり旅行に行ったりしても後でドツボにはまってしまうので、一人でルールを守って過ごすことのほうが居心地よいと思っていました。

今回の再開初日に須田さんにお会いした時、
「自分のペースが乱れると雪崩を起こしちゃうんですよね~」
と何気なく言ったのを重く受け止めていただき、今回のテーマにして頂きました。

須田さんは、
「週末ランチでパン食べてみたらどうですか?」
「ナカメ中にあえて旅行や会食を入れてみたら?」
「旅先で朝食を食べたいなら、昼・夜にお腹がすいているか体に聞いてみて、すいていたら食べたらいいんですよー」
と様々なアドバイスをくださいました。

今回は、これまではナカメ中に極力避けるようにしていた旅行やホテルビュッフェのランチ、週末のパン等々、色々試してみました。

なので、チェック表の1枚目の体重の落ちはほぼ横ばいでした。

便秘に悩まされていたのもあり、開始時と5週間目で1キロくらいしか落ちていなかったと思います。

あまりサイズも変わった感じはなかったけど、色々やって須田さんのアドバイスを頂いたことで、こうすれば平常時に戻せるな。。こう考えればいいのか。。という感じが掴めていきました。

チェック表2枚目に入ったとき、ややルールを守る量を増やし、3キロほど痩せました。

その間にも、友人宅でパスタディナー、友人とバーガーランチ、母とピザランチ、軽井沢旅行(朝食パンあり)、子供とパン教室2回参加、子供とお菓子作りなど我慢せず心から楽しみました。

この頃には1~3日で平常時に戻せるようになっていたと思います。

これまで、ブログでいつも書かれている「我慢しない」とはどういうことか、全く分かっていませんでした。

我慢しなければ痩せないと思いこんでいました。

我慢するから反動がある、我慢しなければその時は増えても次の日から淡々とに戻せて雪崩にはならないんだと今回初めて体感できました。

そして何より我慢しないと旅行も会食もとても楽しい!!ということを思い出せました。

須田さんが名メンタルトレーナーとして、並走して下さったおかげだと思います。

須田さんから頂いた言葉で目から鱗なものは沢山ありましたが、特に
「こうしなきゃっていうのが、心の中にたくさんあるんじゃないですか?」
という言葉はとても響きました。

私の中の「こうしなきゃ(こうあるべき)」を書き出してみました。ものすごい数でした。。。

これ全部やらなきゃいけないわけじゃないんだ。。と思ったらとても楽になりました。

「本棚の大きさを増やしたらダメなんですよ。新しい本を買ったらいらない本を捨てるんです」
ともおっしゃっていました。

何でも全部やらなくていいんだと思ったら、すごく重荷を下ろせた気がしました。

今回のダイエットで、私の中では以下のような変化がありました。
・友人や子供の友達を家に招くのを楽しめるようになりました。
・週末の家族ランチが楽しみになりました。
・こんなに旅行を楽しめたのも初めてだと思います!
・子供と一緒のお菓子作り・パン作りを罪悪感なくできました。
・もっともっと家族や友人を大切にしていこうと思いました。

須田さんがおっしゃっていた「ナカメダイエットは、人生を変える」。私も本当にそう思います。

これからは「一人でルールを守ることを大切にする人生」ではなく、「心から楽しんで人と関わる人生」になりそうです。

最後にお伺いしてから早数か月。その間に歯列矯正も始まってタンパク質を食べづらい中での維持、かなり難航中です。。^^;

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

前任者から須田に担当が変わってから、Iさんの認識が変わったようです。

須田さんから頂いた言葉で目から鱗なものは沢山ありましたが、特に
「こうしなきゃっていうのが、心の中にたくさんあるんじゃないですか?」
という言葉はとても響きました。

とあります。

「こうするべき」や「こうしなければならない」がたくさんあると、関西弁でいうと「しんどい」だろうと思います。そんなことに縛られていたら、どんなことをやっても辛いでしょう。そのメンタルがダイエットの邪魔をします。

ナカメ式下半身ダイエットには、自分の行動を後で振り返ってチェックするためのナカメルールがあります。行動を縛る「べき論」や「ねばならない論」ではありません。間違いやすいのですが、〜しようとする「しよう論」でもありません。

それらは、いずれもアタマにある意識でカラダの無意識をコントロールしようとする考え方です。でも、そんなことはできません。

ナカメでは「べき論」も「ねばならない論」も「しよう論」も忌み嫌います。いずれも御法度です。それでは「我慢」「努力」「頑張り」につながるダイエットになってしまうからです。世間で思われているような「我慢」「努力」「頑張り」では、実はダイエットは成功しません。ナカメでの数多くの経験が教えてくれたことです。

これまで、ブログでいつも書かれている「我慢しない」とはどういうことか、全く分かっていませんでした。

我慢しなければ痩せないと思いこんでいました。

というIさんのメンタルがナカメ式ダイエットの邪魔をしていました。その思い込みがダイエットの障害だったのです。

「我慢しない」をコトバだけで受け取って分かったきになるのは簡単です。しかし、「我慢しない」ことは体感しないと分からないことです。

ナカメは、試してみての体感重視です。「試してみて、感じてみて、比べてみて」がモットーです。

我慢するから反動がある、我慢しなければその時は増えても次の日から淡々とに戻せて雪崩にはならないんだと今回初めて体感できました。

そして何より我慢しないと旅行も会食もとても楽しい!!ということを思い出せました。

という、こんなことですら、体験して体感しないと真には分からないのです。

須田さんが名メンタルトレーナーとして、並走して下さったおかげだと思います。

とあるように、ナカメスタッフの仕事は、我慢しなければ痩せないと思いこんでいるお客さまのメンタルブロックを外すことが仕事。実際に体験し体感してもらうことによって外すことが一番大事な仕事です。

メンタルブロックが外れれば、結果、

須田さんがおっしゃっていた「ナカメダイエットは、人生を変える」。私も本当にそう思います。

これからは「一人でルールを守ることを大切にする人生」ではなく、「心から楽しんで人と関わる人生」になりそうです。

となるのも頷けます。

中目黒
下半身ダイエット専門
整体サロンとは?

長年の研究で生まれた下半身ダイエットに特化した専門整体。2ヶ月8回で2サイズダウン!成功実績累計2000人以上の人気サロンです。

  • 激しい運動・筋トレなし
  • ツボ効果で食事制限が楽
  • 2ヶ月で-4~5kg
詳しくはコチラ
友だち追加

ボタンをタップするとLINEのお友達登録画面へ進みます。
LINEで初回のご希望日をお知らせください。