下半身ダイエットブログ【論より証拠】のまっちゃんBLOG
体験談 2366件

下半身(特に太もも)は小学生のころから太く、落ちない場所と諦めていた

  • 投稿日:
  • by

■ナカメサロンに決めた一番の理由

友人の実体験を聞いて、同じ悩みの太腿などにも効果があることが一番の理由です。ただ痩せるのではなく、体の歪みも直せることも魅力です。

■ナカメサロンにかける思い

大学生のころにストレスから10kg太り2年かけて戻しました。食事にも気を使い、エステサロンにも通いました。そこから12年ほど体重の大きな増減はありません。

ただ、下半身(特に太もも)は小学生のころから太く、先ほど書いたダイエットの際にも目に見えて変化はなく落ちない場所と諦めていたので、今回友達に「下半身に効くよ」と教えてもらい、申し込むことにしました。是非成功させたいです。

ということでお越しになったKさんの卒業メール。

35歳、152センチ。

初回の体重は51.8キロ、体脂肪率27.8%、脚の皮下脂肪率34.4%だった。

8回で卒業。体重49.2キロ、体脂肪率24.3%、脚の皮下脂肪率30.9%になっている。

岡本様

まずは2カ月間お世話になり、ありがとうございました。

私が通い始めるきっかけになったのは友人が先に始めていたことでした。

今まで10年以上体重の変動もなく過ごしていたので特にダイエットを考えていなかったのですが、ナカメの話を聞くと「下半身に効く」「12時までに寝るルールがある」「お肉をたくさん食べてもいい」ということで一気に興味が湧きました。

というのも、下半身の太さは物心ついた時からのコンプレックスだったこと、そしてここ数年は生活が昼夜逆転していて直したいと思っていてもついつい寝るのが4~5時になっていたからです。

さて、実際にナカメに通って最初に変わったことは朝をスッと起きれるようになったことです。起きれるようになると寝るのも少しずつ早くなり、正しい生活リズムを手に入れられました。

施術と下半身浴のおかげで身体が程よい疲労し寝つけ、血の巡りが良くなり朝の目覚めも良くなったのかな?と思っています。このリズムはずっと崩さずに維持していきたいです!

食生活については、元々お菓子より食事を多く取っていたタイプだったので、お肉をたくさん食べて良いことはストレスの意味で嬉しいことでした。おかげで食事に関しては苦も無く続けられました。友人との施術後の食事(焼肉)も楽しかったです。

ただ元々ご飯が大好きなのでこれからの維持生活は心配もありますが、2ヶ月の効果を信じて維持生活に入りたいと思います。

2カ月間自分の体重や食生活をチェックしたことで気づいたのは、心より自分の行動に身体は反応するということです。

当たり前のことですが、体重の上下に一喜一憂して、その時に「どうしたら減るかな?」と考えたところで意味はなく、いずれ身体か応えてくれることを信じて淡々とナカメルールをこなすしかないということ。そして身体は本当に応えてくれるということ。

じっくり観察すると生理や排卵のタイミングで体重や食欲がどう変わるかも分かりました。理由が分かると心の不安も無くなり、体重が落ちない週があっても「維持できてるから良し」と心の余裕が生まれます。

これは今まで考えて生活してこなかった事なので、貴重な経験になりました。

最後に体形の変化ですが、たった二ヶ月で今まで着ていた服にだいぶ余裕ができ変化を感じました。

デニムは25から23です。ナカメの施術と足指バンドのおかげで二ヶ月前と変わった自分を手にすることができて嬉しいです。

アドバイスをたくさんくださった岡本さん、本当にありがとうございました。

ナカメでは『人間』のことを考える時に、ヒト・システムとしてモデル化して考えている。それも、カラダとココロとアタマの機能を分けて考える。

カラダは行い。ココロは思い。アタマは考え。アタマはコトバを使い。ココロはイメージを使い。カラダは動きを使う。アタマとココロの関係は思考。ココロとカラダの関係は思行。アタマとココロのズレは感情に表れ、ココロとカラダのズレは情動として感じる。

そんな諸々のことを日常生活の中の出来事で考えるのが趣味である。だから、ナカメのリクツは日常生活の喩えで説明できることばかりである。

ナカメ式の仕組みも、そうして考えて作ったのだ。

本で読んだりセミナーで学んだりすることは、考えるための問いやヒントにはなるけれど、いくらコトバで学んでも、カラダには届かない。ヒト・システムで考えれば当たり前のことだ。

だから、ナカメ式では「験してみて、感じてみて、比べてみて」というフィードバックを大事にする。カラダとココロとアタマの連携が必要だからだ。

そんな仕組みを持つナカメ式だから、

2カ月間自分の体重や食生活をチェックしたことで気づいたのは、心より自分の行動に身体は反応するということです。

というような気づきがカラダを通して得られる。

コトバにしたら当たり前のことであるが、カラダで分かれば違うのだ。

どこかで情報を得たり知識を得たりしても、それはコトバだけのことに終わる。コトバだけでは、

当たり前のことですが、体重の上下に一喜一憂して、その時に「どうしたら減るかな?」と考えたところで意味はなく、いずれ身体か応えてくれることを信じて淡々とナカメルールをこなすしかないということ。そして身体は本当に応えてくれるということ。

じっくり観察すると生理や排卵のタイミングで体重や食欲がどう変わるかも分かりました。理由が分かると心の不安も無くなり、体重が落ちない週があっても「維持できてるから良し」と心の余裕が生まれます。

というようなことは分からない。カラダに届いていなければ分からないのだ。

分からなければ、選べないから、できるようにはならない。

これは今まで考えて生活してこなかった事なので、貴重な経験になりました。

とあるようなことをナカメ生活の間は日常化していたから、結果、

最後に体形の変化ですが、たった二ヶ月で今まで着ていた服にだいぶ余裕ができ変化を感じました。

デニムは25から23です。ナカメの施術と足指バンドのおかげで二ヶ月前と変わった自分を手にすることができて嬉しいです。

となったのである。

中目黒下半身ダイエット専門整体サロンサイトへ  初回予約