下半身ダイエット【論より証拠】感想メール

「ナカメ式食事法」アーカイブ

  1. 『肉で始まり肉で終わる』から減るのかしら? こんな事ならお肉ガッツリの意味を良く確認するんだったな〜と反省(^^A;)いまさらながら、この2ヶ月のナカメ通勤(笑い)で7kg強では勿体無かったです。
  2. 昼の生野菜中心食が効いたのか、夜の動物性タンパク質中心食が効いたのか、定かではありませんが、この不思議な現象は私だけでしょうか?(笑)
  3. 焦ってサプリ、ウォーキング、など色んなことやりましたが、もう代謝が悪くなっているのか何をやってもさらに増えていくばかりでした。
  4. ナカメに通い始めて劇的に変わったのはやっぱり食生活でした。 前は仕事が忙しく、朝抜き・夜抜きでお昼に炭水化物2人前と、とんでもない偏った生活をしていたので
  5. エステやジムでは、 そこのチェーン店舗のマニュアルがあって 担当の方はそれに合わせて一生懸命、 アドバイスしてくれるわけですが。 今日、停滞理由を探し当ててアドバイスをくれる 須田さんの姿勢が、それらと全然違うことに 帰宅してからですが、気づきまして。
  6. 一つだけ気になるのは、食事のことです。 HPを拝見した限りでは、現在私が行っている糖質制限をそのまま続けても大丈夫なように思えますが、いかがでしょうか?
  7. まだまだ続けたいと思う、本当に楽しい愉しいナカメ生活でした。
  8. ルールがあると真面目に守ろうとする性格なので、「禁止」したり「我慢」したりという意識が少なからずありました。 始めて二週間くらいの頃、「禁止している食べ物はありません」という言葉をもらってからは、ずいぶん楽になりました。
  9. ナカメ生活をして一番の財産になったのが、食事の自己コントロールをできるようになったことです。 甘いものが大好きだった私が、卒業後も、時にはお菓子も楽しみつつうまくコントロールできるようになっています。
  10. ナカメの施術は行く度に楽に、身体に負担が少なくダイエットできる方法へと進化しているので、それも楽しみなところでした。
  11. 料理教室の先生で、食べることもお仕事のうちなのに、今とってもスリムでステキで、訊くと、ナカメで痩せてキープされているとのこと、これは是非いってみたいと思いまして
  12. 面倒くさがり屋の私にとって、「食事制限がない」ということ、「特別な運動がいらない」ということ、そして「近所」というのがとても魅力的でした。
  13. 食べ方と必要なものの量を一定期間気をつけてお風呂で代謝をあげて就寝時間を少し気をつける、だけ。 変な置き換えダイエットじゃないからお腹も満足。苦しくないのです。
  14. 「アロマカフェ」で、サラダランチの交渉をして昼間も出してもらえるようになりました。
  15. 中目ダイエットに通い、日に日に痩せていく楽しみだけではなく、何が自分に不足しているか、何を多く摂取しすぎていたかを体感できて、とても勉強になりました。
  16. 下半身が太っていて、服のサイズも上半身とはぜんぜん違って、入らない服があっても、運動をしていることもあって、あきらめていました。
  17. 下着姿で体重計に載る私を見た母から「整体に行った途端に全身スッキリしてる。たった2日でこんなに変わるなんて凄いわね」と言われました!
  18. ついに維持メールを受け取って、ちょっとうるっときました(..)
  19. ランチにサラダと、粉末スープ、クノールとか、春雨スープは食べてもいいですか?
  20. 私、もう自分の身体が何をどう食べれればいいのわかります。 甘いものの食べるし、パンも食べる、お酒も飲むけど(笑) でも大丈夫です!
  21. ナカメ方式では、活動前には食べない。しっかり食べるのは活動後の休息前である。
  22. ナカメダイエット中の食べ物や飲み物に関しての質問メール。
  23. ベジタリアンですが、下半身ダイエットに興味があります。
  24. まわりの友達は、私がバクバク食べているのを知ってるので、『すごい急に痩せたよね。大丈夫?』と心配してくれ、昨日は友達から『病気なんじゃない?かって噂されてたよ。』と電話がきました。 笑っちゃいますよね~。
  25. 何度も意志の力で何とかしようとしてアッサリ負けて、自己嫌悪になったりしました。
  26. 43kg台をキープしながら、食事も生活も楽しもうと思っています。
  27. 今夜はずっと前から予約してあったフレンチです。楽しみにしていたものなので、ダイエットホリデーと考え、色々なものと美味しいお肉をたくさん食べてくるつもりです。ワインも飲むので、そこは覚悟してますが、週末で挽回できればと思っています。
  28. 決してお肉を沢山食べたからといって、脚が細くなる訳ではないということです(笑)
  • 1